自分や他人を信じる、根っことなる感覚「基本的信頼感」

ママから得られる

 

・人と会う時は、いつも気を張っていて疲れてしまう。

・本音を言えない。

・「良い子」を演じてしまう。

・自分の言動は他の人からどう思われているのか、過度に気になってしまう。

 

このようなことはありませんか。

「自分だけがこうなのかな…」

「どうして私はいつもこうなんだろう…」

と、自分を責めたり、不安になったりしていませんか。

何故だか自分でもよくわからない、癖のような感じ方、考え方。

それらはもしかしたら、あなたの中にある「基本的信頼感」が関係しているのかもしれません。

 

「基本的信頼感」は乳幼児期に育まれる

赤ちゃんとママ

基本的信頼感とは、

「自分も周りの人も、この世界も、信頼できるものだ」

という感覚です。

普段は意識しませんが、私たちの考え方や行動の土台となっている、とても大切な感覚です。

この感覚は、私たちが小さい頃、乳幼児期の0~2歳頃に、お母さん(またはお母さんの代わりとなる人、以下「お母さん」に含みます)との関わりにより育まれます。

赤ちゃんは泣くことで、お母さんに、「こわい」「おなかがすいた」「気持ちが悪い」などの気持ちを伝えますよね。

お母さんががあやすと、笑ったり、喜んだりもしますね。

このような関係を通して、

「おなかがすいたら、おっぱいやミルクをくれる。」

「おむつが気持ち悪かったら、替えてくれる。」

「抱っこをしてほしい時は、抱っこをしてくれる。」

「お母さんは、自分がして欲しいことをしてくれて、自分を守ってくれる。」

という感覚が赤ちゃんに生まれます。

自分のお世話をしてくれるお母さんに対して抱く、このような安心感は、生まれて初めての「信頼感」につながります。

そうして、赤ちゃんにとって、お母さんは「特別な存在」になります。
(「愛着」を形成する、といいます。)

芽生え

この時、赤ちゃんは、お母さんとのコミュニケーションを通して、

お母さんに対しての信頼感、

「この世界は大丈夫なんだ」という安心感

とともに、

「自分の気持ちは表現していいんだ」

「ちゃんと伝わるんだ」

「自分は大切にされているんだ」

「この世界に存在していいんだ」

という、自分に対しての肯定的な気持ちも育んでいきます。

 

「自分の気持ちなんて、言ったってわかってもらえない」

「私は誰からも大切にされていない」

「自分には価値がない」

そんな気持ちを持ったことはないでしょうか。

赤ちゃんの頃に、その土台ともいえる感覚を作る時期があったのです。

赤ちゃんの時期で、その頃の記憶が残っている人はほとんどいないと思いますが、自分や他人、社会に対してどのような感覚を持つか、その土台が作られるので、この時期はとても大切な時期なのです。

この、赤ちゃんの頃に得られる、

「自分も周りの人も、この世界も、信頼できるものだ」

という感覚。

これが基本的信頼感です。

大人になってからはあまり意識することはありませんが、自分と他人、生きている世界に対する感じ方は、私たちが人生を歩んでいく上で、とても大切な感覚になります。

 

大人になってから「基本的信頼感」を補うには・・・

輝く毎日に

・人と会う時は、いつも気を張っていて疲れてしまう。

・本音を言えない。

・「良い子」を演じてしまう。

・自分の言動は他の人からどう思われているのか、過度に気になってしまう。

 

このように感じる場合、トラウマなど他の理由も考えられますが、もしかしたら、基本的信頼感が十分に育っていないということも考えられます。

とはいえ、0~2歳頃の記憶など、無い人がほとんど。
基本的信頼感が育まれたかどうか?、わからないことも多いでしょう。

ですが、もしも、「自分は基本的信頼感が足りないのかもしれない」「だから生きづらいのかもしれない」と思われる場合は、可能でしたら、ご自分のお母さん(または、お母さんの代わりとなる人)とお話をしてみることがまずは一番になります。

どのような気持ちなのか。

どうしたいのか。

お母さんに認めてもらい、もう一度、足りなかったものを取り戻していくのです。

しかし、様々な事情により、それが難しい場合も多いことと思います。

そのような場合は、カウンセラーや専門の方と相談をしながら、少しずつ、足りないものを補充していきましょう。

 

基本的信頼感は本来、小さい頃に得られるものです。

「一朝一夕に得て、解決する」ということは難しいものです。

ですが、「なんとかしたい」「前へ進みたい」というお気持ちは、必ず力になります。

この記事を読んでくださっている方は、もしかしたら、ずっと悩みを抱えていたり、ご自分で本やネットを使って調べたりして、試行錯誤をしながら、とても頑張ってこられた方かもしれません。

「変わりたい」という気持ちは、必ず変化につながります。

おひとりで悩まずに、どうしたらいいのかわからない時は、一緒に考えて前へ進みましょう。

あなたが思い描く、自分らしい毎日へ向けて、少しずつ形にしていきましょう。

輝く毎日に

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

ご感想などありましたら、
お問い合わせフォームよりお気軽にお送りください。

今日も穏やかな毎日になりますように・・・
(*^_^*)

▼関連記事
□「感情なんて無くなればいいのに」そう思ったことはありませんか?
□HSPと子育て。HSPだから大変なこと。HSPだからこそ、出来ること。
□「こんなにしているのに、親は叱ってくれない。心配しない」『行動』の裏にある『本当の気持ち』とは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。