子どもの「甘え」や「自由奔放さ」にイライラしていませんか?本当の自分の気持ちに耳を傾けて、癒してあげませんか?

子育てがつらい

子どもは、お母さんやお父さんが大好きですから、くっいてきたり、話しかけてきたりしますね。

「抱っこして」と甘えてきたり。

おもちゃを持ってきて、「これで遊ぼう」と言ってきたり。

親の気を惹きたくて、一生懸命に話しかけてくることもあるでしょう。

そんな時に、イラっとすることはありませんか?

お母さんの息抜きが十分できずに、疲れがたまってしまい、イライラしてしまうこともあると思います。

しかし、「お母さん子ども時代」という過去が原因で、子どもの甘えやスキンシップに応えることに抵抗を感じたり、子どもの自由さにイライラしてしまう場合もあるのです。

 

頭ではわかっているのに、心が伴わない。

満たされなかった本当の気持ち

あなたの子ども時代は、どのような感じでしたか?

お母さんの中には、親に甘えることなんて出来なかったり、我慢をしなければならなかったり、本音なんて言えなかったり、悲しいことを言われることが多かったり・・・

そんな、「おだやかな、温かい毎日」とは異なる環境で、子ども時代を過ごされた方もいらっしゃいます。

そのような場合、頭ではしっかりと、

「それらは私の過去のことで、我が子には関係のないこと。」

「もう過ぎたこと」

とわかっているのに、こころの中で何かがひっかかっているようで、お子さんの甘えや自由さにイライラを感じたり、うまく対応できないということが起こります。

 

こころの中のイライラ、モヤモヤ、引っかかり・・・

それらは、こころの奥に閉じ込めてしまっている、あなたの本当の気持ちかもしれません。

満たされなかった気持ち、吐き出せなかった気持ちです。

「なんでこの子はこんなに甘えてくるの?」

「自由に何でもやるの?」

「私は甘えることなんて出来なかった。」

「自由に気持ちを言うことなんて出来なかった。」

「わがままなんて言えなかった。」

「親の顔色を伺わなくてはならなかった。」

「相談なんて出来なかった。」

「なのにどうして・・・」

意識には上ってきていないけど、心の奥で、押し込めていた当時のあなたの気持ちが、叫んでいるのかもしれません。

 

本当は、優しいお母さんになりたいのに

自己嫌悪

このような感情を持たれるお母さんは、ご自身の経験から、

「自分がされたことと同じことは、絶対にしない」

「自分の親のようにはならない」

「良い親子関係を築きたい」

という気持ちを持っていらっしゃることも多いです。

された子どもの気持ちが、痛いほどわかるからです。

とても強くて、優しくて、愛情あふれる、頑張り屋さんだったりします。

しかし、そんな前向きで、愛情に満ちた気持ちがあるのに、子どもの欲求や行動に心から応えてあげることが出来ない、無邪気な子どもにイライラしてしまうのです。

本当に、つらいことです。

頑張るのに、気持ちはあるのに、どんどん苦しくなってしまいます。

さらにこれらは、自己嫌悪や悪循環を生んでしまいます。

 

本当は、どうしてほしかったの?

本当の自分の気持ち

では、どうしたら良いのでしょうか。

 

このようなお母さんは、お話しをお聴きすると、子どもの頃から、ずっとずっと頑張ってこられています。

親に甘えることも出来なかった。

本音なんて言えなかった。

わがままも抑えてきた。

 

ずっとずっと、自分の気持ちを抑えて、蓋をして、耐えてきたのですよね。

 

ですが、当時、本当は、どんな気持ちだったのでしょうか?

本当は、親にどうしてほしかったのでしょうか?

何と声をかけてほしかったのでしょうか?

 

ひとりの時に、じっくりと、当時の自分の気持ちを感じてみてください。

本当の気持ちを出したからと言って、あなたのことを怒ったり、笑ったりする人はいません。

自分を癒してあげる

「気持ち」というのは、蓋をして、抑えていると、ずっと心の中にモヤモヤと残ってしまいます。

「本当の気持ちはここにある」

「わかってよ」

と、箱の中に入った、こころの叫びのようになってしまいます。

 

抑えなければならなかった本当の気持ち、ずっと箱にしまってきたあなたの大切な気持ちを、出して、感じてみましょう。

 

そして、

「本当はこうして欲しかったんだね」

「本当は、とても悲しかったんだね」

と、今のあなただからかけられる言葉を、ご自分にかけてあげましょう。

 

本当はしてほしかったのに、してもらえなかった悲しい気持ち、満たされなかった気持ちを、ご自身で癒すことに繋がります。

ご自分が満たされると、その分、お子さんの甘えや自由さに対しても、心から、応じることができるようになってきます。

 

ご自分が満たされること。

それが、あなたと、お子さんの毎日に繋がります。

イライラする、モヤモヤする、こころに引っかかる・・・

そのような時はお試しください。

自分を満たすことで、心を軽くする

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

ご感想などありましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお寄せください。

今日も穏やかな一日になりますように・・・
(*^_^*)

▼関連記事
□「こんなにしているのに、親は叱ってくれない。心配しない。」『行動』の裏にある『本当の気持ち』とは。
□完璧を求めて疲れていませんか?
□HSPと子育て。HSPだから大変なこと。HSPだからこそ、出来ること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。