旦那さんからのモラハラに傷ついていませんか?外からは見えにくい、家庭内モラハラとは

モラハラとは

ひとりで抱えていること

近年、「モラハラ」という言葉を聞くことがとても増えました。

モラハラは、叩いたり、蹴ったりという肉体的な暴力ではありません。

相手を無視したり、嫌味を聞こえるように言ったり、不機嫌な態度をしたり、暴言を吐いたりして、相手に精神的なストレスを与えることです。

モラハラは、夫婦間、嫁姑間や、職場などで起こりますが、家庭内でも起こります。

モラハラをされている側は、ストレスは感じていても、自分がいわゆる「モラハラ被害者」になっていることに気付いていない場合も多々あります。

「夫が不機嫌になっているのは、私のせい」

「妻だから、もっと頑張って当然だから、がんばらなくちゃ」

と、旦那さんのモラハラの原因は自分にあると考えたり、ひとりで抱えてしまっている場合です。

 

また、モラハラをする人は、外では「良い人」を振る舞っていることはよくあることです。

外からの「あなたのご主人は良い人ね」という評価や、旦那さんからの悲しい言葉により、現状の原因を「自分の頑張りが足りないからだ」と考えてはいませんか?

 

「私が悪い、私のせいだ」

「私の頑張りが足りないから・・・」

と感じて頑張り続けてしまうと、本当は旦那さんの言動が問題なのに、お母さんの方がストレスにより体調を崩してしまったり、さらに、「普通」がわからなくなってしまうこともあります。

 

あなたは今、「おかしいかもしれない」と感じていることはありませんか?

 

家庭内モラハラの具体例

家庭内モラハラ

子どものことであっても、夫婦間のことであっても、家庭内で起こることは、外からは見えづらく、とてもわかりづらいです。

家庭内で起こるモラハラの例をあげてみますので、ご自分のご家庭はどうか、振り返ってみてください。

・話しかけても無視をする。

・聞こえるように嫌味を言う。

・あからさまに不機嫌な態度をとる。

・大きな音を立てて、威圧する。

・相手の間違いを責め立てる。

・責任転嫁をして、相手の責任、周りの責任にする。

・常に「自分が正しい」。

・常に「自分は悪くない」。謝らない。

・言い訳や、話のすり替え、嘘などにより、話がかみ合わない。

・共感性に欠けている。

など・・・

いかがでしょうか?

 

モラハラをする人は、このような言動を、自分を取り巻く全ての人に行うわけではありません。

外では優しい人であったとしても、家庭内でどうなのか?、あなたに対してどうなのか?振り返ってみてください。

 

「モラハラをする人」ということが、最初はわからないこともよくあること

モラハラ

「どうしてそんな人を選んで結婚したの?」

「早くに気付かなかったの?」

そう思う方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、モラハラをする人は、最初から誰にでも上のような言動を見せているわけではないのです。

見せたら、「人」として問題があると感じる方が多いですよね。

それでは、世間体的に良い評価はもらえませんし、人付き合いにも影響が出ます。

お付き合いや結婚にもなりません。

ですから、モラハラをする人と言うのは、職場など、外では「とても良い人」であることが多いのです。

2面性があって、何かの拍子に、変化が出てきます。

「今思うと、出会った頃や、お付き合いの初めの頃にも、『あれ?』と違和感を感じることが多少あった」

というお話もお聴きします。

しかし、色々な人がいらっしゃいますから、「気にすることなのかどうか?」判断が難しいのかもしれません。

 

いつもモラハラ、不機嫌なわけでななく、優しい時もある。

モラハラで傷つく

徐々に、モラハラをする人に引っ張られて、自分が頑張ってしまう原因の一つだと思いますが、

モラハラをする人は、常に相手を責めたり、不機嫌でいるわけではありません。

優しい時、機嫌が良い時、話が出来る時もあるのです。

急に優しくなって、子どものお世話を手伝ってくれたりして、お母さんとしては、

「やっぱり、本当は良い人なのね」

「昔みたいに、戻ったのかな」

「変わったのかな」

と思いますよね。

期待もするのではないでしょうか。

 

しかし、嬉しいのも束の間。

再び、突然機嫌が悪くなったり、「こんなにやってるのに!」と責めてきたり、「お前が出来ないからだ!」と相手を否定してきたりするのです。

 

機嫌が良かったり、悪かったり、気分の波が激しいのも、モラハラの特徴のひとつです。

 

こんな毎日では、旦那さんがいつ機嫌が悪くなるかわかりません。

わからないから、気を遣ったり、怯えたり、相手の気分の波に振り回されてしまって、疲れてしまいます。

 

でも、あなたに関係ないことで旦那さんが機嫌が悪くなって、あなたへの態度が悪くなっているのなら、それは旦那さんの問題であって、あなたには関係がないことです。

「夫婦だから、フォローをし合わなくてはならない。」

「協力していかなければならない。」

もちろんこれは正しいです。

愚痴を聞いてあげたり、お互いに出来ることをして支え合うことは大切だと思います。

しかし、一方的な非難や否定、傷つく行為に対して、

「私が悪い。頑張らなきゃ・・・」

と、つらい気持ちを我慢して頑張り続けるのは、夫婦としてどうなのでしょうか?

 

それは、本当にあなたが悪いのでしょうか?

そこまでされる理由はあるのでしょうか?

客観的に、冷静に、考えてみてください。

 

モラハラをされる側は、忍耐力があって頑張りやさんが多い

モラハラ被害

「もう、あなたとなんて一緒にいられない!」

と早い段階で見切りをつけるような人だったら、悪循環にはならないことでしょう。

または、逃げることが出来る状況なら、逃げて、安全な生活を選ぶのではないでしょうか。

 

しかし、

行く場所、逃げる場所は無い。

子どももいる。

 

そんな状況が、お母さんをつらくしてしまいます。

 

モラハラをするのは、自分の欲求を満たすためです。

そのために、モラハラをする側も、人を選んだり、逃げられないようにしたりと考えます。

優しい。

忍耐力がある。

責任感がある。

逃げる場所がない。

そんな人を選びます。

 

「うちは、おかしいかもしれない」

「毎日がつらい」

もしそう感じたら、まずは相談してみましょう。


▼関連記事
□「旦那さんが怖い」「モラハラかもしれない」そんなお母さんへ。相談することのメリットとは


現状をお話しして、抱えている気持ちは吐き出しましょう。

ひとりで抱えていると、どんどん重くなってしまいますから。

相談をする良い場所が見当たらなかったら、こちらでも大丈夫です。

いつでもご連絡ください。

自分が望むかたちへ

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ご感想などありましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお寄せください。

今日も穏やかな一日になりますように・・・
(*^_^*)

 

▼関連記事
□悩みや不安を相談できないと頑張っているお母さんへ
□どこまで出来たら「はなまる」ですか?
□「いいお母さん」を目指して疲れていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。