「おこだでませんように」~大人のための絵本のご紹介~


(amazonに繋がっています。)

主人公の男の子は、家でも学校でも、いつも怒られています。

「また いもうと なかして!」

「まだ しゅくだい してないの!」

「また やったの!」

でも、本当は、彼は彼なりに頑張っていて、お母さんのことも考えていて、ほめられたいとも思ってます。

わざとやっているわけではないのです。

でも、大人は怒るばかり。

自分は、悪い子なのかな・・・

 

そして、男の子は、七夕の短冊にお願いを書きます。

一生懸命に考えて、心を込めて書きます・・・

 

何回読んでも、涙が止まらないお話です。

このお話しは、作者のくすのきしげのりさんが先生をしていた頃、実際に短冊に書かれていたお願いを見て作られたとのことです。

 

子どもには、子どもの気持ちがあります。

何を言っても、さらに怒られたのでは、言いたいことがあっても、言えなくなってしまいます。

 

ご自分が子どもの頃は、どうだったでしょうか。

お子さんに対して、怒り過ぎていないでしょうか。

 

自分に余裕がないと、子どもがやった表面的なことや、結果だけを見て、怒りがちになってしまいます。

子どものこころには何があったのか。

話を聞いて、ほめるところはほめてあげられたらいいですね。

ぜひ手にとって読んでみてください。

心の中にある気持ち

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ご感想などありましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお寄せください。

今日も穏やかな一日になりますように・・・
(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。