どこまでできたら「はなまる」ですか?自分をほめてあげよう!

はなまる

『はなまる』

小学生のときに、先生からもらった方も多いのではないでしょうか。

1年生くらいでは、「よくできましたね」と先生がノートやプリントにつけてくれていましたね。

今回は「はなまる」についてのお話です。

 

最近、自分にはなまるをつけてあげましたか?

はなまる

小さい頃は、よく大人がほめてくれますよね。

「たくさん歩けてすごいね!」

「こんなことも知ってるの!さすがだね~!」

大きくなるにつれて、そのようなことは少なくなってきます。

あなたが最近、自分にはなまるをつけたことは何でしょうか?

 

がんばる気持ちとストレス

完璧主義

自分のことをほめることはしないけど、「もっと、もっと」とがんばる気持ちをたくさん持っている女性はたくさんいらっしゃいます。

「まだまだ、私はだめだ」

「もっとがんばらなきゃ!」

「きちんとやらなきゃ!」

毎日そのように感じていないでしょうか?

 

このような気持ちが大切なこともあります。

がんばる気持ちがエネルギーを生み出して、たりない部分やできていない部分を見つけて、よりよい状態へと向かうことにつながるからです。

 

しかし、がんばる気持ちが強くなり過ぎると、いつのまにか、心身ともに疲労してしまうことがあります。

あるとき突然、どうしようもない疲労感がおそってきた経験はないでしょうか?

さらに、なかなか心が満たされずに、満足感が得られないこともあるでしょう。

やってもやっても到達できないと感じて、ストレスを感じることもあります。

 

完璧主義かな?と思われる方へ

完璧主義

「完璧主義」とよばれる方は、このような「がんばる気持ち」をたくさん持っていらっしゃることが多いです。

これは、成長につながるプラスの面でもあります。

しかし、無意識的にがんばり続けてしまうことで、スレスを感じて疲れてしまう女性もいらっしゃいます。

どこまでいっても、「まだまだ。もっと、もっと」では満たされないですよね。

そんなにがんばっているのですから、「がんばったね」と、そのがんばりに「はなまる」とつけてあげてもいいのではないでしょうか?

 

自分に「はなまる」をつけてあげましょう

はなまるライン

「いつまでたっても満たされない」

「まだだめだ、と思ってしまう」

このような考え方に陥ってしまう原因のひとつとして、合格ラインしか見えなくなってしまっていることがあげられます。

合格ラインが高く、そのラインに到達する以外は「ダメ」と考えているのです。

でも、合格ラインには到達しなくても、がんばったのですよね?

よくなっていることや、前へ進んだこともありませんか?

合格ラインに達していなくても、「少し前へ進んだし、がんばった」ということで、「はなまる」をつけてあげるのはいかがでしょうか?

 

たくさんほめてあげよう!

ストレスをいやす

だれでも、がんばりを認めてもらい、ほめられたら嬉しい気持ちになりますよね。

でも、忙しかったり、気持ちに余裕がないと、自分のがんばる気持ちや進んだこと、できたことに対してほめることをしなくなりがちです。

 

1日に1回は、自分のことをほめてあげましょう。

決めたところまでできなくてもOKです。

がんばったことやできたことを振り返り、「今日もはなまる!」と自分をほめる時間をつくりましょう。

おすすめは、お風呂の時間や、寝る前にふとんに入ったときです。

ゆっくりとこころとからだの疲れをとり、ストレスを癒しましょうね(*^_^*)

 

自分らしく生きる

今回も読んでくださり、ありがとうございます。

ご感想などありましたら、お問い合わせフォームよりお気軽におよせください。

今日も穏やかな一日になりますように・・・
(*^_^*)

▼関連記事
□完璧を求めて疲れていませんか?

□「いいお母さん」を目指して疲れていませんか?

□「HSP」とは。「敏感さ」ゆえの生きづらさを抱えていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。