夫の言動により、夫婦関係において「自分ができないから」と自分を責めていませんか?(2)

夫の言動により、夫婦関係において「自分ができないから」と自分を責めていませんか(1)
のつづきです。

自分の中の「ここまでできたら、はなまる!」を決める

はなまるのラインを決める

自分の努力やがんばりを振り返って、いかがだったでしょうか。

 

「がんばっているかもしれない」

「でも、まだダメ・・・」

「もっとがんばらなきゃ」

と思うようでしたら、自分で、

「ここまでできたら、はなまる!」

というラインを決めてみてください。

 

夫や他人が決めるのではなく、自分の心と体、時間や能力を考えて決めましょう。

小さなことでもいいです。

 

そして、決めたラインに到達できたら、自分のことをしっかりとほめてあげてください。

▼関連記事
□どこまでできたら「はなまる」ですか?自分をほめてあげよう!

夫とあなたの間に、感情の境界がありますか?

線を引くこと

最初にこのようなお話をしたことには理由があります。

 

夫から

「お前ができないから」

などと妻が悪いということを言われて自分のせいだと考える。

夫が不機嫌になるのは自分の責任だと考えて落ち込んでしまう。

 

このような場合、夫と自分の境界があいまいになっていることがあります。

 

夫婦や親子といった距離の近い関係では、自分と相手の境界がわかりづらくなりがちです。

夫の問題なのに、妻が自分のせいだと感じたり・・・

子どもの問題なのに、お母さんが入り込み過ぎてしまったり・・・

 

相手のことを考えるあまりに入り込んでしまったり、優しさだったりすることもあると思います。

しかし、このことが原因で、相手の感情や言動に振り回されて、心が疲れてしまうこともあるのです。

 

夫とあなたの間に、ちゃんと感情の境界があるか、今一度考えてみましょう。

 

夫の気持ちに巻き込まれないようにして、落ち着いて考えてみること

相手の気持ちに巻き込まれない

夫から、

「お前が全部悪い」

「お前ができないからダメなんだ」

「すべて、母親の責任だ」

このようなことを言われたら、悲しくなりますよね。

傷つくことを言われると、心が乱れます。

「こんなにがんばっているのに」とつらくなります。

 

だけど、落ち着いて、冷静に考えてみてください。

 

夫の言っていることは正しいのかな?

いろいろな考え方やとらえ方があるけど、夫の言っていることだけが正解なのかな?

 

夫とあなたの間に、きちんと感情の線を引き、夫の気持ちに巻き込まれないようにして、考えてみてください。

 

夫の言動により、夫婦関係において「自分ができないから」と自分を責めていませんか?(3)
につづきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。