【HSPの特徴】考え過ぎによるストレスを減らすにはどうしたらいいか(4)

【HSPの特徴】考え過ぎによるストレスを減らすにはどうしたらいいか(3)
の続きです。

「思い込み」が「考え過ぎ」の種になっていないか?

思い込み

人はみんな、大なり小なり、「思い込み」を持っているものです。

「○○に違いない」

「○○しなきゃ」

「○○は△△であるもの」

などです。

 

このような「思い込み」が、「考え過ぎ」の種になっていることもあります。

自分が悩んでしまう根底に、この「思い込み」はありませんか?

ぜひ振り返ってみてください。

 

HSPにもメリットはある

メリットとデメリット

今まで、HSPの特徴のひとつである「深く処理する」ことで起こりうるデメリットとその対処法について書いてきましたが、もちろんメリットもたくさんあります。

たとえば

「よく考えられた提案ができる」

「周りの人に配慮した言動ができる」

「ほかの人があまり気付かない点に気付き、よりよいものが作れる」

などです。

 

「深く考える」ことができるからこそ、可能になることもあるのです。

 

「特徴(とくちょう)」という言葉は、現代新国語辞典(「学研」)で調べてみると

「他と比べて、特に目立つ点」

と書かれています。

 

この「とくちょう」と読む言葉には、「特長」という言葉もあります。

こちらは、

「他と比べて特にすぐれている点」

と書かれています。

 

「特徴」は、良い意味でも悪い意味でも使いますが、「特長」は良い意味でしか用いないそうです。

HSP 特徴

HSPの「特徴」はメリットにもデメリットにもなります。

しかし、どのように付き合うかによっては、「特長」に近づけることも、「特長」にすることも可能なのではないでしょうか。

 

私は、『HSPのよさは活かし、ストレスになる部分は減らすこと』が大切だと考えます。

この記事が、HSPの人や、考え過ぎてしまうことがストレスになっている人のお役に立てば嬉しく思います。

HSP

最後までお読みくださりありがとうございます。

ご感想などありましたら、コメントやお問い合わせフォームよりお気軽におよせください。

今日も穏やかな一日になりますように・・・
(*^-^*)

▼関連記事
□HSP/HSSさんが抱える悩み「自分がわからない」(1)
□子どもの癇癪に困っているHSPお母さんへ(1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。