生きている意味あるのかな?

「生きている意味あるのかな?」という疑問

生きている意味

先日、中高生くらいの若い子2人とすれ違ったときに、

「生きている意味あるのかな?」

という会話が耳に入ってきました。

中高生くらいですから、もしかしたら、

「自分はなんのために生まれてきたんだろう?」

「私がやりたいことってなんだろう?」

と、「生きること」や人生、将来について考えていたのかもしれません。

 

しかし、就職をして、大人になっても、このような疑問を抱いてしまう方はいらっしゃいますよね。

今回はこの

「生きている意味あるのかな?」

という疑問について考えてみたいと思います。

 

生きている意味

生きている意味

まず、

「生きている意味あるのかな?」

という質問には、大なり小なり、

「生きている意味を知りたい」

という気持ちが含まれているのではと思います。

 

「生きている意味なんてない!」

と断定しているのではなく、その意味を探しているのですよね。

 

なぜ意味を探しているのでしょうか?

 

そのヒントとなるのが、

「どんなときにその疑問が頭に浮かぶのかな?」

という問いです。

 

満たされない気持ち

満たされない気持ち

おそらく、この疑問を抱くのは、

「抱えていることがいっぱいで、もうつらいよ」

「毎日、心も体もヘトヘトだ」

「楽しくない」

「なんのために仕事をしているのかわからない」

「もう疲れた」

というような場合が多いのではないでしょうか。

 

「生きている意味がわからない」

という疑問は、

「毎日楽しい!」

「やりがいがある!」

「しあわせいっぱい!」

というときにはあまり考えませんよね。

 

「しあわせや楽しさを感じられない」し、「心が満たされない」。

 

では、どうしたら、しあわせや楽しさを感じられて、心が満たされるのでしょうか。

 

言葉の裏にある「望むこと」

希望

もしかしたら、あなたの心は、

「このために生きているんだ!」

と思えるくらい夢中になれるものを欲しているのかもしれません。

 

「しあわせや喜びを感じて、楽しく生きたい!」

という思いがあるのかもしれません。

 

「やりがいを感じて日々生活しているような人になりたい」

のかもしれないし、今の状態の意味を知ることで、この逆境を乗り越えたいという気持ちがあるのかもしれません。

 

どんな気持ちが根底にあるかは、おひとりおひとり、違います。

ただ、ひとつ言えるのは、言葉の裏には、実は本人の「望むこと」が隠れていることがあるということです。

そして、その本人でさえも、その「望むこと」に気付かないこともあるのです。

あなたはどんな「望むこと」を心に抱えていますか?

 

心と体の声を聴くとき

心と体の声を聴く

「生きている意味あるのかな?」

この疑問が浮かぶのは、あなたがすでにとても苦労をして、心も体も疲れているときです。

我慢をしたり、試行錯誤をしたりして、もうたくさん、がんばってきたのではないですか?

 

だから、このような疑問を抱いたときは、自分の心と体に目を向けましょう。

「自分はどうしたいのかな」

「なにがつらいのかな」

という気持ちを振り返るタイミングなのです。

あなたの心の中の、「望むこと」に耳を傾けてみましょう。

十分がんばっている

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

走りっぱなしでは疲れてしまいます。

休憩も大切ですからね。

ご感想などありましたら、コメントやお問い合わせフォームからお気軽におよせください。

今日もおだやかな一日になりますように・・・
(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。