「ママ友といると疲れる」HSPさんにとって大切な4つの基本

「ママ友といると疲れる」HSPさんの悩み

ママ友

「ママ友に会うと、気を張ってるみたいで疲れる」

「会っているときは楽しいのだけど、家に帰ると、どっと疲れて動けなくなってしまう」

このようなことはありませんか?

 

HSPさんは、他人の気持ちを受け取りやすく、敏感な気質を持っていらっしゃいます。

そんなHSPさんの子育てにおいて、「ママ友との関係」は悩みの種になることがあります。

無理することなく上手につきあうにはどうしたらよいのでしょうか。

子育て中のHSPさんがママ友とつきあう上で大切な、4つの基本を書いてみました。

この4つの基本は、子育てをしていない方にとっても大事なことですので、子育てママではない方も参考にしていただけたらと思います。

 

1.自分の気質や個性を振り返り、理解すること

自分の気質や個性

あなたは、自分のことを

「ほかの人よりも疲れやすい体質かもしれない」

と考えたことがありますか?

 

HSPさんに多いのが、本当は疲れたり、心や体が悲鳴をあげているのに、

「ほかのママは平気なんだから、私もがんばらなきゃダメ」

「もっと強くならなきゃ」

と、自分の心や体にむちを打って、がんばり過ぎてしまうことです。

 

あなたが「心地いいと思える環境」はどんな環境ですか?

自分が好きなこと、苦手なことも含めて、自分の気質を見つめなおしてみましょう。

 

2.「今の自分のままで大丈夫」と自分の個性を認めてあげること

気質や個性

自分の気質やライフスタイル、好きなこと、苦手なことなどを振り返ったら、それらについて、

「今のままで大丈夫」

と自分に言ってあげましょう。

「今のままではダメ!」

「ほかのママと同じようにならなきゃ!」

とまわりと比較をして無理をするのは、心にも体にもよくありません。

宇宙で唯一の「あなた」自身のことを、自分で認めてあげましょう。

 

3.断ってもいい。先に帰ってもいい。

ママ友 HSP

ママ友とのつきあいで「無理」をしてしまうことのひとつに、

「断れない」

「先に帰ると言い出せない」

ということがあります。

あなたは、自分の気持ちを言い出せなかったり、空気を壊さないように気をつかいすぎたりということがありませんか?

 

もし、そのようなことがあるなら、

「断ってもいい」

「先に帰ってもいい」

と、自分の気持ちにOKを出してあげましょう。

 

あなたには、あなたの時間やライフスタイルがあります。

断ったり、先に帰ったりする選択肢もあるのです。

 

4.自分をいたわり、ほめてあげよう

自分をほめる

「自分の気持ちを伝えてもいい」

「断ってもいい」

と言われても、とても勇気がいりますよね。

こわいですよね。

 

そんな中、

「言いたいことが言えた!」

「伝えることができた!」

という場合は、

「勇気を出して、よく、言うことができたね」

「がんばったね」

「自分の気持ちを大切にすることができたね」

と、自分のことをほめてあげてくださいね。

 

もしも、

「本当は言いたかったけど、言えなかった」

としても、自分を責める必要はありません。

「言おうとした」

その気持ちをほめてあげましょう。

それから、

「よくがんばったね」

「疲れたよね」

と、自分をたくさんいたわってあげましょうね。

 

言えたとしても、言えなかったとしても、あなたが「がんばった」ことに変わりはありません。

自分のことをたくさん、いたわって、ほめてあげてくださいね。

ママ友

ママ友との関係がつらくなってしまうのは、

自分のことよりも、ママ友のことを優先させ過ぎてしまったり、

ママ友の顔色をうかがい過ぎてしまったりして、

心や体が疲れてしまう

ということも関係しています。

その間、意識はずっと「自分の心」ではなく、「相手の気持ちや顔色」に向いているのです。

相手の気持ちも大切ですが、自分のことも認めて、大切にしましょうね。

 

【まとめ】自分を大切にしながら、できる範囲でつきあいましょう

ママ友とのつきあい方

子どもどうしの関係が絡む「ママ友」との関係は、HSPさんにとって大変なことが多いでしょう。

基本となるのは、

1.自分の気質や個性を振り返って、理解すること。

2.「ほかのママのようにがんばらなきゃ」と無理をするのではなく、

「今の自分のままで大丈夫」

と自分で「自分」を認めてあげること。

3.「断ったり、先に帰ったりしてもいい」

と自分にOKを出してあげること。

4.できたとしても、できなかったとしても、がんばっている自分をいたわり、ほめてあげること。

という4つになります。

 

「完璧」を目指す必要はありません。

自分の気質やライフスタイルを大切にしてくださいね。

あなたらしさを大切に

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ご感想などありましたら、コメントやお問い合わせフォームよりお気軽におよせください。

今日もおだやかな一日になりますように・・・
(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。