どこまでできたら「はなまる」ですか?

最近、自分に「はなまる」をつけたことは何ですか?

はなまる

「たくさん歩けてすごいね!」

「こんなことも知ってるの!さすがだね~!」

「よくできたね」

 

子どもの頃、大人からほめてもらった経験がある方は多いと思います。

小学生の時に先生から「はなまる」をもらった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

学年が上がり、成長するにつれて、ほめてもらうことは少なくなってきます。

 

大人になったあなたは、自分のことをほめていますか?

あなたが最近、自分に「はなまる」をつけたことは何でしょうか?

 

自分の頑張りを認めていますか?

頑張る気持ち

心に余裕がないと、自分ができたことを振り返るのを忘れてしまいます。

 

「なんでこんなことできないんだ!」

と言われたり、

他の人と比較していると、

自分の「できないこと」ばかり注目してしまいます。

 

こんなに頑張っている自分に「はなまる」をつけないで、

「もっと頑張らなきゃ!」

「まだまだ、私はだめだ」

と自分にダメ出しをしていませんか?

 

頑張る気持ちが大切なこともある

心

「まだまだダメ!」

という気持ちが大切なこともあります。

頑張る気持ちはエネルギーを生み出し、目指す自分に足りない部分やできていない部分を見つけて、よりよい状態へと進むことができるからです。

 

しかし、頑張る気持ちが強くなり過ぎて、自分の心や体を省みることを忘れていると、いつのまにか心身ともに疲弊してしまいます。

 

あるとき突然、どうしようもない疲労感に襲われたり、

「自分はダメなのかな」

と落ち込んだりしたことはありませんか?

 

あなたの「はなまる」ラインはどこですか?

自分をほめること

「まだダメ」

「もっと頑張らなきゃ」

 

このような考え方をして自分を苦しめてしまう原因として、

  • 自分が設定している「はなまる」のラインが高過ぎること。
  • そのラインに到達する以外は「ダメ」と考えていること。

があげられます。

 

完璧主義とも言えますね。

「高い目標に到達しなければダメ」

「到達できない自分はダメ」

と考えてしまうのです。

 

しかし、高い目標に到達するには、小さなたくさんの階段を上っていくことが必要です。

みんな、大きな階段を一気に上がったわけではないのです。

 

大きな目標に向かう途中で、

「小さな階段をひとつ上った」

「まだ登れなかったけど、できることを頑張った」

と、「小さなできたこと」や「頑張った自分」に焦点を当てて、自分に「はなまる」をあげるのはいかがでしょうか?

 

自分のことを認めて、ほめてあげよう

ストレスをいやす

忙しかったり、気持ちに余裕がなかったりすると、自分が頑張ったことやできたことに気付かなくなってしまいます。

さらに、自分ができなかったことに目が向き、他人のできないことや間違いに厳しくなり、精神的に疲れたり、イライラする原因になってしまいます。

 

まずは意識をして、自分のことをほめてあげましょう。

「今日も朝起きれたね」

「ご飯を作ったね」

「お仕事頑張ったね」

「挨拶ができたね」

「仕事に行ったね」

小さなことでいいのです。

 

あなたの頑張りや気持ちは、あなたが一番よく知っているはずです。

自分が頑張ったことやできたことを振り返り、認めて、

「今日もはなまる!」

と自分をほめてあげましょう。

大切な自分の心と体をいたわってあげましょうね。

カウンセリング/コーチング

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ご感想などありましたらお気軽におよせくださいね。

今日も穏やかな1日にしましょうね
(*^-^*)

 

□相談室そらの方針 / ご相談コース

□森川さやか プロフィール