HSP/HSSさんが抱える悩みと、「強み」を活かすために大切な2つのこと

HSP/HSSさんが持つ2つの気質

HSP/HSS

HSP/HSSさんは2つの気質を持っています。

1つは、

・内省的で、慎重。

・繊細で傷つきやすく、相手の感情を察することに長けている。

というHSPの気質。

もう1つは、

・刺激を求めて行動的。

・衝動的なこともある。

・人と積極的に話し、変化を好む。

というHSSの気質です。

HSP/HSSさんは、まるで対極にあるような2つの気質をあわせ持っています。

 

HSP/HSSさんの「私らしさがわからない」という悩み

HSP/HSS

2つの全く異なる気質を持っているために、HSP/HSSさん特有の悩みが生まれます。

それは、

「私らしさって何だろう?」

「いつも一貫性がない」

「相手にどんな自分を見せていいかわからない」

ということです。

 

HSP/HSSさんは、慎重に考えながら、好きなことを積み重ねて、静かな生活をするだけでは飽きてしまいます。

かといって、人に会ってばかりで、刺激の多い生活では疲れてしまいます。

「こうなったらどうしよう」

と色々なリスクを考えるのに、時に衝動的な行動をしたり、新しいものに惹かれて浪費してしまうこともあります。

 

そのため、

・静かな人

・明るくて元気な人

のどちらかになろうとすると難しく、どちらにもなりきることができません。

できたとしても一時的で、その反動がきてしまいます。

自分はどんな人間なのか、その時、その状態により変化するので、

「こういう人間」

と一言で表すことが難しく、自分らしさがわからなくなってしまうのです。

 

私もそうだった

HSP/HSS

実は私も過去、このことで長く悩んでいました。

HSPやHSSといった概念が無い時代だったこともありますが、

「一貫性のない自分」

「どちらにもなりきれない自分」

の扱い方がわかりませんでした。

 

あれから何年も経ち、自分の気質で悩むことはもう無くなりましたが、先日ふと当時を思い出すことがありました。

それは、web上で自己分析をやってみた時のことです。

自己分析で、私の大きな強みのうち2つは

「慎重であること」

「挑戦心があること」

という結果になりました。

 

まさに!と思いました。

当時もこの2つが拮抗して、疲れて、悩んでいたからです。

きっとこれは私が元来持っている気質なのだと改めて思いました。

 

HSP/HSSさんの強みとは

HSP/HSS

HSP/HSSさんは両方の気質を持っています。

・内向的であり、外交的。

・慎重で、行動力がある。

・静かな環境を好む一方、刺激や変化も好む。

・人と話すことは好きだけど、感情をもらいやすく疲れやすい。

 

どちらかになろう、というのは、HSP/HSSさんにとって難しいでしょう。

なぜなら、それはHSP/HSSさんの本来の姿ではないからです。

世の中には色々な気質を持つ方がいらっしゃいます。

だから、「白」「黒」だけではなく、

両方になれる「グレー」や系統の異なる「ピンク」でもいいのです。

 

「白」「黒」と一貫した個性の人をカッコよく思うかもしれませんが、それは、「隣のバラは赤い」という心理なのかもしれません。

自分には無いもので、他人が持っているものだから、

「いいな」

と思ってしまう。

だけど、あなたにはあなたが本来持っている「良さ」があるはずです。

「白」でも「黒」でもない、あなたならではのカラーが、あなたの良さであり、強みです。

 

HSP/HSSさんの気質を強みにする大切な2つのこと

HSP/HSSさんの気質を強みにするために大切なことが2つあります。

 

1.自分の気質を受け入れる

HSP/HSS

1番大切なのは、

「『静かな人』『元気な人』のどちらかにならなければならない」

のではなく、

「両方を持っていることが私らしさ」

と自分の気質を受け入れることです。

 

そして、もしあなたがHSP/HSSさんなら、すでに持っている自分の気質の良さを考えてみましょう。

両方の気質を持っているということは、両方になれるということです。

両方を楽しめて、両方の良さを得られるということです。

持っているものをどう活かすかは、あなた次第です。

 

2.足を引っ張っている考え方や過去のとらわれに気づき、より良い方向に変化させる

HSP/HSS

たとえば、ひとつのことを深く考えて、慎重になるのは良いことでもあります。

多角的に物事を考えたり、リスクを減らしたりできるからです。

 

だけどもし、慎重に考えることの理由に

「失敗することがとても怖いから」

が入っていたらどうでしょうか?

その気持ちは、行動の制限につながります。

「新しいことをやってみたい」

だけど

「失敗するのが怖い」

という葛藤を生み出し、ストレスにつながります。

 

この場合は、

「失敗したくない理由」

を掘り下げて、そのブレーキを外してあげることが大切です。

そうすることで、HSP特有の「あれこれ深く考えてしまう」ことを減らし、

HSSの気質である「行動や挑戦」といったアクションへのハードルが下がります。

すなわち、自分らしく、楽に生きることにつながるのです。

 

あなたの気質を大切にしたままで、マイナスとなっている考え方やとらわれをなくしていきましょう。

HSP/HSS

2つの気質を持つHSP/HSSさんは、「自分らしさとは?」という悩みを抱えやすい一方、その特性ならではの強みがあります。

自分の気質を知り、認めて、不要な考え方は手放しながら、

「あなたならではの良さ」

を活かしていきましょう。

HSP/HSS

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

ご感想などお気軽にお寄せください。

今日も穏やかな一日をお過ごしくださいね。
(*^-^*)

 

□相談室そらの方針 / ご相談コース

□森川さやか プロフィール