頑張り過ぎているお母さんに伝えたい「一番大切なこと」

頑張り過ぎていませんか?

子育て

「お母さん」

「親」

って、とても強いです。

自分が疲れていても、辛くても、子どものことをつい優先させてしまいます。

それほど、子どものことが大切で、大好きなのです。

 

だけど、子どもを想う気持ちのあまり、頑張り過ぎていませんか?

ご自分の心や体を酷使していませんか?

 

一番大切なのは「お母さんの元気と笑顔」

お母さんの笑顔

お母さんは、子どものために頑張ります。

だけど、子どもにとってまず大切なのは、お母さんが元気で、笑顔でいてくれることです。

新しいおもちゃよりも、習い事よりも、「お母さん」なんですよね。

 

これは、

「お母さんは疲れていても、元気を装わなきゃいけない」

という意味ではありません。

 

「もしも頑張り過ぎているなら、自分のためにも、子どものためにも、お母さん自身が心から笑顔で過ごせるように、手を抜けるところは抜いたり、完璧を目指さずにOKを出したりしましょう」

「精神的なストレスや体への負担を減らしましょう」

という意味です。

 

「そんなこと言っても、私しかいないから頑張らなきゃいけない」

その気持ち、とてもわかります。

しかし、全部ひとりで抱え込まずに、使える支援やサポートは使い、自分の心身の状態にも目を向けてくださいね。

「お母さん」に何かあったら、子どもは悲しみますから。

 

お母さんが元気だからできること

お母さんが元気だからできること

お母さんが元気だからできることがあります。

・「大好き」という気持ちを伝えられる。

・お世話ができる。

・一緒に出掛けられる。

・トラブルがあったときに子どもの相談を聞いたり、助けたりできる。

・不安な時にはそばにいてあげられる。

 

「当たり前のこと」かもしれませんが、どれもお母さんが元気だからできることです。

 

「子どもを助けたい」

と思うなら、自分が元気でなくてはならないのです。

笑顔

子育ては本当に大変なお仕事です。

そんな中、お母さんは大切な子どものことを優先して、自分のことは後回しにしがちです。

 

仕方がないこともあるのですが、子どものことを想って色々なことをしたいなら「自分が元気」なことが必要不可欠です。

子どものためにも、自分のことを大切にしなければならないのです。

 

つい頑張り過ぎてしまうお母さんは、手を抜いたり、リフレッシュをしたり、休んだりして、お母さんご自身のことにも目を向けてくださいね。

子育てにおいて大切なこと

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

感想などありましたら、お気軽におよせください。

今日もおだやかな一日をお過ごしくださいね。
(*^-^*)

 

□相談室そらの方針 / ご相談コース

□森川さやか プロフィール