「夫が怖い」「モラハラかもしれない」相談により視野を広げる大切さ(2)

「夫が怖い」「モラハラかもしれない」相談により視野を広げる大切さ(1)の続きです。

機嫌がいいときもある、優しいときもあった

モラハラ

モラハラで悩む人に多いのが、

「夫は以前はいい人だったの」

「いつも機嫌が悪いのではなく、優しいときもあるの」

ということです。

そうですよね、最初から不機嫌やモラハラ発言しかない人だったら、お付き合いしていないかもしれませんよね。

だから、悲しいことを言われても、

「優しいときもあるから」

「いつかまた、昔のように戻ってくれるはず」

と耐えたり、信じたりします。

そして、夫の気分に振り回されて、ストレスをためてしまったり、ということが起こります。

 

視野が狭くなる

視野が狭くなる

このようにして、モラハラの渦中にいる場合、自分がつらくても頑張り続けてしまいます。

そして、

「私が我慢したらいい」

「私が変わったらいい」

という日々を送っているとどうなるでしょうか。

「あれもこれも、私が我慢したらいいんだ」

とエスカレートしてしまいます。

そして、悲しいことを言われても、

「夫が言うのだから、そうなのかもしれない」

「私にいたらないところがあったから」

と、知らず知らずのうちに、少しずつ、自分の視野や行動、考え方を狭めてしまうのです。

 

モラハラをする人にとって都合のいいこと

コントロール

妻が、どんどん視野を狭くして、自分の言うことを聞いてくれるようになる。

これは、モラハラをしている夫にとっては、とても都合のいいことです。

自分の思うように相手を動かしやすくなります。

責めたら落ち込んで、自分が悪いと謝ってくれます。

優越感を感じたり、ストレスを発散したりすることもできます。

 

このようなことから、モラハラかもしれない、とつらくなってしまっているときは、自分の視野が狭くなっていないか、考え方や行動が狭くなっていないか、それにストレスを感じていないか、振り返ってみることが大切になります。

 

「夫が怖い」「モラハラかもしれない」相談により視野を広げる大切さ(3)に続く。

相談室そらでは、お電話、ZOOMによるご相談を行っています。

お電話はこちらからおかけしますので、ご相談者さまに通話料金はかかりません。

カウンセリングにおいては、カウンセラーとの相性も大切です。

そのため、お電話、ZOOMともに、

お試しカウンセリング

1回60分  3500円(税込)

をご用意しています。

※相談室そらでは、おひとりおひとりを大切にするために、ご相談をお受けする人数は1日2人までとしています。

ご連絡お待ちしております。

お申し込みはこちら

*は必須項目になります。

送信後はすぐに自動返信メールが届きます。

お申込み内容を確認後、当日、または翌日中に改めてこちらからメールをお送りします。

まずはお話を聴かせてくださいね。

〇お名前*(ニックネームでも大丈夫です)

〇性別

〇年齢

〇メールアドレス*

〇メールアドレス確認用*

〇ご希望のご相談日を3つほどお知らせください。*
平日、土日祝日すべて9:00~16:00の間でお願いします。

〇クーポンをお持ちの方はこちらに番号をお書きください。

〇今のお気持ちや状況を可能な範囲で教えてください。

入力内容をご確認の上、送信ボタンをおしてください。

※迷惑メール対策により、こちらからのメールが受信できない設定になっている場合があります。
自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールとして処理されている可能性がありますので、スマートフォン、携帯電話の設定内容をご確認の上、再度ご連絡をお願いします。

<info☆sola-counseling.com  (☆は@に変えてください)>

を受信可能にしていただくと、こちらからのメールを受け取ることができるようになります。

□ご相談者さまの声

□森川さやこ プロフィール

「「夫が怖い」「モラハラかもしれない」相談により視野を広げる大切さ(2)」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA