「きちんと育てなきゃ」とがんばり過ぎているお母さんに伝えたい、一番大切なこと

無理をしていませんか?

子育て

子どもを想う気持ちのあまり、

「こうしなきゃだめ」

とがんばり過ぎていませんか?

それができない自分に対して

「私ってだめだな」

と思っていませんか?

 

お母さん自身ががんばり過ぎていませんか?

お母さんががんばり過ぎていない?

ほとんどの場合、子育てに正解も間違いもないと思います。

大切なわが子への、母としての考え方があるでしょう。

しかし、ひとつ注意してほしいのが、

「お母さんががんばり過ぎていない?」

ということです。

 

一番大切なのは、お母さんが元気で笑顔であること

お母さんの笑顔

子どもにとって一番大切なのは、お母さんが元気であり、笑顔でいてくれることです。

「疲れているのに、無理に元気を装わなきゃいけない」

という意味ではありません。

もしもがんばり過ぎているなら、

「お母さんが心から笑顔で過ごせるように、手を抜けるところは抜いたり、やることを少なくしたりしましょう」

そして、

「お母さんへの精神的なストレスや、体への負担を減らしましょう」

ということです。

 

お母さんが元気だからできること

お母さんが元気だからできること

お母さんは、子どもを想う気持ちのあまり、自分へのストレスを後回しにしてしまいがちです。

子育ては本当に大変なお仕事です。

家事も子育ても、お母さんひとりでやらなければならないなど、状況によっては、そうしなければならないときもあるかもしれません。

だけど、それを続けていては、お母さんが精神的に疲れてしまったり、体調不良になったりしてしまいます。

 

子どものことを想うなら、自分の状態にも目を向ける必要があります。

お母さんが元気だから、子どもに伝えられることや、できることがあるのです。

お母さんが笑顔だから、子どもは安心できます。

そして、お母さんに余裕があるから、子どもにも優しく接することができるのではないでしょうか。

笑顔

子育てにおいて、「絶対的な正解」は難しいものです。

だけど、

お母さんが元気で、笑顔であること

は大切なことだと思います。

手を抜いたり、リフレッシュをしたり、休んだりして、お母さんご自身のことも大切にしてくださいね。

子育てにおいて大切なこと

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

感想などありましたら、お問い合わせやコメントなどからお気軽におよせください。

今日もおだやかな一日でありますように。
(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。