完璧を求めて疲れていませんか?

・「まだこんなに出来ていない」「ダメなところがたくさんある」と感じる。

・きちんとしてないことにイライラする。

・他人のちょっとしたことに腹が立つ。

 

このようなことがストレスになっていませんか?

 

向上心があり、完璧を求める頑張り屋さん

向上心

上のようなストレスを抱える方は、みなさんとても向上心があり、努力家です。

足りない部分を見つけて、「もっとこうしよう」と改善をしていくことができます。

また、責任感や正義感を持っていらっしゃり、とてもしっかりしているように感じます。

「頑張る力」「ぶれない芯」は大切です。

出来なかったことを改善していくことも、とても大事です。

しかし、「自分はまだまだダメだ。もっと、もっとやらなきゃ」という思いが強くなりすぎたり、「良くないこと」が許せなく色々なことにイライラすることが多くなると、それらはストレスにつながります。

自分が求める理想、完璧さを求め過ぎて、イライラしていませんか?

ご自分のことを振り返りながら、読み進めてください。

 

こころの中に、批判者はいませんか?

イライラ

「ここが良くない、まだダメだ」

「きちんとやらなきゃダメ」

「しっかり終わらさなきゃダメ」

「正しいことが大切」

「完璧にやらなきゃ」

 

このように考えることはありませんか?

完璧さを求める背景には、子どもの頃の影響がある可能性があります。

子どもの頃に、周りから、「きちんとやること」を求められていなかったでしょうか?

周りの大人に認めてもらいたくて頑張ったのに、足りない部分、出来ていない部分を指摘されて、残念に思ったことはないでしょうか?

褒めてもらいたくて頑張ったのに、「これくらい出来て当然」「もっと頑張れ」「調子に乗るな」というようなことを言われたことはありませんか?

「こんなんじゃまだダメだ」という気持ちには、「出来てないところがあるから、まだ認めてもらえない」「そんな自分はダメだ」という不安があることがあります。

その気持ちが、こころの中で、自分自身への「批判者」を作り出してしまうのです。

 

「出来ていること」にも目を向けてみましょう

できていること

こころの中に「批判者」が出てきたら、意識して、「出来ていること」を探してみましょう。

「出来ていないこと」はあるかもしれませんが、必ず、「出来ていること」もあるはずです。

「少しだけ進んだ」

「少しだけできた」

「努力した」

それだけで、はなまるです。

自分のことを褒めてあげましょう。

 

完璧さを求める人は、「出来ていないこと」にだけ注目しがちです。

「出来ていないこと」だけに注目して評価するのは、アンバランスです。

「出来ていなこと」しか振り返らずに、「これではダメだ・・・」と思ってしまうなら、評価そのものをしない方が、こころの中は平和なのではないでしょうか。

評価するとしたら、「出来ていないこと」だけでなく、「出来ていること」も意識して探してみましょう。

 

「白」か「黒」か、二極化して判断していませんか?

十人十色

「出来ている」か「出来ていない」か。

「良い」か「悪い」か。

「マル」か「バツ」か。

完璧を目指す頑張り屋さんは、思考が二極化してしまいがちです。

そして、

「まだ出来ていないから、ダメだ」

「到達してないから、ダメだ」

「あの人の適当さは許せない」

などとイライラからストレスを生んでしまいます。

 

しかし、世の中、「白」と「黒」だけでなく、その間もあるのではないでしょうか。

グレーもピンクも水色も、あっても良いのではないでしょうか。

また、良いか、悪いか、一概に答の出ないこともあります。

「出来なかったこともあったけど、出来たこともあった」

「ある人はそう考えるけど、私はこう考える」

こんな、少し柔軟な考え方を持つと、少しこころが楽になるかもしれません。

 

他人に対して、自分のものさしを当てていませんか?

人は人

「こうでなければならない」

「正しくなければいけない」

「きちんとやらなければならない」

自分に対して、このような気持ちが強い人は、他人に対しても、その気持ちを持ってしまうことがあります。

自分の「こうでなければならない」というものさしを、他人にも当てはめてしまい、イライラしたり、批判的になってしまうのです。

 

しかし、他人には他人の考え方があり、価値観があり、ものさしがあります。

自分と同じではないのです。

 

また、こころに描く理想から、自分の出来ない部分を認めることが難しい人は、他人の出来ない部分を認めてあげることも、難しいものです。

「自分もできないところがあるから、お互いさま」

そんな気持ちを持てるといいですね。

 

「ゴール」を持ちましょう

ゴール

努力をすることは大切です。

自分の理想や目標に向けて、足りない部分を改善していくことも、大事なことです。

でも、もしも、ストレスを多く感じるようでしたら、上に述べたことに加えて、明確な「ゴール」を考えてみましょう。

「小さなゴール」で構いません。

「ここまで出来たら、はなまる」という到達点を作ってあげましょう。

そして、到達できたら、きちんと自分を褒めてあげましょう。

「頑張ったね」「よくできたね」と。

もしも到達できなくても大丈夫です。

到達しようと、努力をした。

それで、「はなまる」です。

出来なかったら仕方がない。

頑張ったということが大切です。

 

完璧さを求める努力家さんは、とても大きな「頑張る力」を持っています。

その「良さ」をより活かすためにも、出来ていることに目を向けたり、「二極化された考え方」をしていないか振り返ったりしてみましょう。

自分らしく

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

ご感想など、お問い合わせフォームよりお気軽にお寄せください。

今日も穏やかな一日になりますように・・・
(*^_^*)

▼関連記事
□「いいお母さん」を目指して疲れていませんか?
□「ママ友に嫌われるのがこわい」から「あなたらしい人間関係」へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。