不安で安心感がない方へ。「心の安全基地」はありますか?

不安で安心感がない

承認

「こんなこと言ったら、変に思われるかな」

「本音を伝えたら、嫌われるかもしれない」

「嫌な気持ちにさせちゃったかな」

このように、人間関係において、

自分がどう思われているのか不安になったり、

自分の本音を出したら見捨てられるかもしれないという不安を抱えていませんか?

心の安全基地とは

安全基地

「心の安全基地」とは、

「自分の意見を言っても大丈夫」

「見捨てられない」

「困ったときには相談できる」

「守ってくれる」

あなたの個性や考えを認めてくれて、

大切にしてもらえる安心安全な場所のことです。

そのように、心から信じることができて、

実際にある「場所」ではなく、「人」と置き換えてもよいでしょう。

このような場所、人を持つことで、

「この人は認めてくれる」

「本当の気持ちを言っても大丈夫」

という安心感に加えて、

「自分は自分のままでいいんだ」

という自信も持つことができます。

「心の安全基地」は子どものころに作られる

安全基地

「心の安全基地」は、多くの場合「親(養育者)」や「家族」です。

家庭が安全で、自分の気持ちや考えを認めてもらいながら育つことで、

「安全基地」ができあがります。

一番最初の安全基地は「お母さん(またはお母さんに変わる養育者)」です。

赤ちゃんの頃、幼い子は成長するにつれて、少しずつ外の世界を広げていきます。

それは、

「離れても、戻ったらお母さんがいるから大丈夫」

という気持ちがあるからです。

また、外で友だちとトラブルがあったり、

うまくいかないことがあったりしても、

「安全基地」で心を充電して、また歩みだすことができます。

自分のことを見捨てない人がいることを知っているからです。

このような心の安全基地は、大人になってからも心の中にあり続けます。

「離れていても、自分の味方はいる」

心の土台には安心感があるのです。

見捨てられるかもしれないという不安や恐怖

不安

一方で、そのような安全基地がない場合、

「相手と違う意見を言ったら、私は嫌われるかもしれない」

「ひとりになるかもしれない」

そんな不安や恐怖に襲われることがあります。

見捨てられたり、嫌われたりしたら悲しいですよね。

「この人は大丈夫!」

という絶対に安心できる人がいない状態では、

悲しい思いをしたくない、

傷つきたくないという気持ちから、

人間関係に気を遣い過ぎて疲れてしまうのです。

「心の安全基地」の作り方

安全基地

アダルトチルドレンの方は、「心の安全基地」がないまま、

または不安定な状態のまま成長している方が多くいらっしゃいます。

心の安全基地は子どものころに作られると書きましたが、

大人になってからでも大丈夫です。

また、安全基地となるのは親や家族の場合が多いとも書きましたが、

自分の気持ちを出すことができて、

安心感を感じられるのなら、親や家族以外でも構いません。

友だち、先生、配偶者、SNSでもいいでしょう。

「本音を安心して言える場所」

「自分のことを認めてくれる」

という点では、カウンセラーもその機能を果たせます。

安全基地

「安全基地がない」

という方は、相談室そらを最初の安全基地にしてもらえたらと思います。

ひとつ安全基地を持つと、安心感と自信が生まれ、

世界を広げることにつながります。

すると、さらにひとつ、ふたつと良い出会いに恵まれ、

安全基地が増えるきっかけになります。

相談室そらは、

心も体も大切にして

「自分らしい毎日」にしたい

そんなアダルトチルドレンさんやHSPさんのための相談室です。

お気持ちをやさしくお聴きしながら、

あなたを「おだやかな心」に導きます。

おだやかな心に導くメールマガジン・公式LINE

無料メールマガジン、公式LINE【そらだより】では、

おだやかなあなたらしい毎日へと変化させるために、

大切なことやその方法をお伝えしています。

ご登録いただいた方には感謝を込めて、

①ご相談や講座で使える500円OFFクーポン

②無料冊子「自分らしく おだやかに過ごすための66のリスト」

をプレゼントしています。

↓無料メールマガジンのご登録はこちらから
メールアドレスとお名前のみでご登録できます。

メールマガジンはこちらから

↓公式LINEはこちらから

友だち追加

ぜひお気軽にご登録ください(^-^)

□お問い合わせ・ご質問

□おだやかな生き方のために必要なこと

□プロフィール