「自分の気持ちがわからない」『心の声を聞く』ってどういうこと?

「自分の気持ちがわからない」

自分の気持ちがわからない

「自分の本当の気持ちがわからない」

「怒っていいのか、喜んでいいのか、感情を出すことに悩んでしまう」

「まわりの人に合わせすぎて、自分の気持ちを置き去りにしてしまい、気付くとストレスや疲れを抱えている」

このようなことはありませんか?


今回は、

「自分の気持ちがわからない」

という方へ、「心の声を聞く」ためにはどうしたらいいのかをお伝えしたいと思います。

「心の声」とは

心の声

まず、「心の声」とは、

「嬉しい」

「楽しい」

「幸せだ」

「悲しい」

「つらい」

「腹が立つ」

などの感情や、

「○○がやりたい」

「○○をやりたくない」

「○○になりたい」

「○○がほしい」

といった、あるものごとや状態に対して抱く気持ちのことです。


「自分の気持ちがわからない」

というのは、このような「心の声」が聞こえなくなっているということですね。

幼いころは「心の声」は聞こえていた

心の声

だれでも、幼いころは確かに、「心の声」は聞こえていました。

たとえば、あかちゃんは何かあったら、泣いて知らせてくれます。

「嫌だよ!」

「怖いよ!」

など、感じたままを教えてくれますね。


そして、2、3歳になると言葉を使って、

「あのおもちゃがほしい!」

「これは食べたくない!」

と、自分の気持ちをまわりの人に伝えることができるようになります。


このようにして、子どものころはみんな、ありのままの感情を感じて、それを外に出していたんです。

なぜ「自分の気持ちがわからない」になってしまったのか

自分の気持ちがわからない

では、なぜ、小さな子どものころはできていたのに、今は自分の気持ちがわからなくなってしまったのでしょうか?

それは、育った環境にあることがとても多いです。


たとえば、保育園や学校で嫌なことがあり、親に伝えたとします。

「それは悲しかったね」

「嫌だったね」

と気持ちを認めてもらえるような環境だったら、子どもは、

「悲しい」

「嫌だ」

といった自分の感情を表す言葉を身に付けながら、

「こういう気持ちは親に言って大丈夫」

と学んでいきます。

そしてその後も、同じような気持ちを感じたときは、

「悲しかったんだ」

「嫌だったんだ」

と自分の感情を認めながら、成長していくことでしょう。

自分の気持ちを認めてもらえないと

自分の気持ちがわからない

しかし、嫌なことがあって親に伝えても、

「そんなこと言うなんて、あなたは弱い」

「だからダメなのよ」

と気持ちを認めてもらえずに否定されたり、

親が不機嫌になってしまったり、ということを繰り返していたら・・・


「こういう感情は持っちゃダメなんだ」

「言わない方がいいんだ」

と、本当は感じているありのままの気持ちを、自分でなかったことにしたり、受け取らないようにしたりするようになってしまいます。

心にふたをしなければならない状況があったから

自分の気持ちがわからない生きづらさ

「自分の気持ちがわからない」のは、

なにかしらの「心にふたをしなければならない状況」があったからです。

ご相談者さまからお話を聴いていると、気持ちにふたしなければよくないことが起きたり、自分が傷ついたりするような環境だった方がとても多いです。

そして大人になっても、その頃のまま、自分の気持ちにふたをする習慣がついているので、「生きづらさ」につながってしまうのです。

「心の声」を聞くために

心の声を聞くために

もう一度、心の声が聞こえるようになるには、少しずつ、自分の気持ちを感じるようにしていくことです。

そのために、カウンセラーや気の許せる家族など、話を聴いてくれる人に、あなたが話したいことを聴いてもらうのはとても良い方法です。

ありのままの気持ちを、否定も評価もせずに聴いてくれる人がいいでしょう。

言葉にして、あなたが抱えていることを外に出していくと、心のふたは少しずつ開いていきます。


ふたが開いてくると、いろいろな「感情」が出てきます。

ずっと心の中に閉じ込めていた気持ちに気付かなくて、その大きさに驚かれる方も少なくありません。

それくらい大きな感情を、一生懸命、閉じ込めてきたんですよね。

これ以上増やさないために、今、感じている気持ちも、ふたをしてしまわないで、外に出した方がいいのです。

自分軸の生き方に変わる

自分軸で生きる

心の声を聞き、自分の気持ちを大切にできるようになると、

自分はどんなときにしあわせを感じるのか、

どんなことに対して悲しくなり、腹が立つのかがわかってきます。


さらに、今まではまわりの人がどう思うかが気になって、自分の心を置き去りにしていたのが、

「自分はこう感じるから、こうしよう」

と自分の心を基準にして考え、行動できるようになっていきます。

自分軸の生き方へと変わっていくんです。

自分の気持ちがわからないから自分軸の生き方へ

こちらでは、

「自分の心の声を聞くこと」

を大切にしています。

なぜなら、「自分らしい、おだやかな生き方」をするための土台となるからです。

相談室そらは、

心も体も大切にして

「自分らしい毎日」にしたい

そんなアダルトチルドレンさんやHSPさんのための相談室です。

抱えていることをやさしくお聴きしながら、

あなたを「おだやかな心」に導きます。

おだやかな心に導くメールマガジン・公式LINE

【そらだより】では、

心も体も大切にしながら、

おだやかなあなたらしい毎日へと変化させるために、

大切なことや方法をお伝えしています。

ご登録いただいた方には感謝を込めて、

①ご相談や講座で使える500円OFFクーポン

②無料冊子「自分らしく おだやかに過ごすための66のリスト」

をプレゼントしています。

↓無料メールマガジンのご登録はこちらから
メールアドレスとお名前のみでご登録できます。

メールマガジンはこちらから

↓公式LINEはこちらから

友だち追加

□お問い合わせ・ご質問

□おだやかな生き方のために必要なこと

□プロフィール