母親が「かまってちゃん」で疲れる

お母さんを重たいと感じる

母親 かまってちゃん

「母から頻繁に連絡がくる。


『次の休みは一緒にお茶しようね』

『ご飯を作るから食べに来てね』

『寂しいから電話しようね』


子どもの頃は仲良しで、母が大好きだった。

今ももちろん好きだけど、

正直、ちょっと重たいなと思う・・


自分はもう大人で、

仕事や友達との付き合い、お付き合いをしている人もいる。

自分のペースがある。


だけど、母から連絡が来ると、

そのペースが乱されてしまう。



自分は長女だから、

母を支えてあげないといけない。

親孝行もしたい。


だから、母の話をたくさん聞いてあげたり、

実家にもよく帰ったりするのが良いと思っている。




母の要望に応えてあげるたびに、母は喜んでいて、

自分も嬉しいのだけど、

本当は疲れていて、

モヤモヤしていて・・

母 疲れる

母からのメッセージ。

母の話すこと。

ひとつひとつに心が動いて、

自分でもどうしていいのかわからなくなる。



周りの人に相談したら、

『親の話くらい聞いてあげたら?』

『子どもと連絡を取りたいだなんて、可愛いお母さんじゃない?』

と言われた。



母の気持ちを素直に受け止めてあげられなくて、

『重たい』

『疲れた』

と考える自分は、

薄情で冷たいのかな・・

そんな自分が嫌になってしまう。




母からの連絡に返事をするのもつらいのに・・

どうしたらいいのだろう・・」



このような状態になっていませんか・・?

親 かまって

お母さんのこと、大切なんですよね。

だから、話を聞いてあげたり、

実家に帰ったりするのですが、

疲れてしまうのですよね・・



このようなお話をくださる方は、

みなさん本当に、愛情豊かな方ばかりです。


相手の気持ちを考えたり、

自分の時間やエネルギーを使っても、

相手のためになろうと頑張ったり・・


家族の愛情関係を大切にできる人なのですよね。



だけど・・

お母さんの「かまって」が強くて、

いつのまにか無理をしてしまい、

自分自身が辛くなってしまう・・




「このような場合、どうしたらいいのかな・・?」

を考える前に、

実は、

「お母さんがかまってちゃんで疲れた・・」

という場合、他の問題も隠れていることが多くあります。


お母さんの要望に応える以外にも、

モヤモヤやストレスになっていることはありませんか・・?


まずはそちらを一緒に振り返ってみましょう。

会話は母親の話がほとんど

母親の話

「いつも、母の話を聞く一方で、

自分の話はほとんどできない。


それでもやっぱり自分の話も聞いてほしい気持ちから、

母に近況などを話すと、

『ふーん、そう』

と軽い返事をされて、また母親の話に戻ってしまう。

なんだかモヤモヤしてしまう。」


このようなパターンは実はよくあります。


聞き手と話し手を交換し合い、

お互いの近況や気持ちを伝えあう会話ではなく、


子ども側がお母さんの話を一方的に聞かなければならないような状況になっていて、

自分自身の近況や気持ちについて話したり、

共感してもらったりということが難しい・・



お母さんと会うと

どっと疲れてしまう原因のひとつになっていることが多いです。

母親が自分のことを「可哀そうな人」として振る舞う

母親 疲れる

「『ひどいことがあって、すごく傷ついたの!』

『私はこんなに大変な思いをしているのに、

あの人は冷たい!』


と母親は傷ついたことや大変だったことを話してくる。


それに対して、

『大変だったね』

『それはひどいね』

と言ってあげなければならないのが、すごく疲れる・・」



自分の休みを使って愚痴や不満を聞いて、

さらに肯定してあげて、

それを頻繁にしなければならないとなったら、

疲れてしまいますよね・・




また、

「母親からの誘いを断ると、

『親が誘っているのに断るなんてひどい!』

『傷ついた!親孝行してくれてもいいじゃない!』

『こんなにあなたのことを思っているのに・・

ショックを受けた・・』

と言われてしまう。」


というように、

怒りの矛先が子どもに向いてしまうこともあります。



いつも頑張っているのに、

母さんから責められてしまうのは悲しいですよね・・



だから、

母親の予定を断らなくて済むように、

いつのまにか自分の生活が母親優先になってしまうこともあります。

立場上、「自分がなんとかしなければならない」

母親 かまってちゃん

「母親が『かまってちゃん』で疲れる・・」

というお話は多くの場合、

・ひとりっこさん

・長女さん、長男さん

・長女、長男ではないけど、

何らかの理由により、長女、長男の役割をしてきた人

からよく聞かれます。



家族の立場上、

「自分がなんとかしなければならない」

と小さい頃から頑張ってきた方ばかりです。



そして大人になった今でも、

「自分が助けて、守ってあげなければならない」

という状況のために、

逃げ場や頼る先を得ることが難しく、

ひとりで背負わなければならなくなってしまいます。

周りに相談できない

母親 かまってちゃん

はじめにも書いたように、

自分がつらい状態であることを相談しても、

「親孝行してあげたら」

「話くらい聞いてあげなよ」

「仲良くていいね」

などと言われてしまうことがあります。



そうすると、ただでさえつらい状況なのに、

「自分が親不孝なのかな・・」

「冷たい人間なのかな・・」

とさらに傷ついて追い込まれてしまいます。



そのために、周りに相談できないということが

本当によくあります。




また、世間体ゆえに

身内の愚痴や不満などを外に出すことが難しい場合もあります。



その結果、親戚やいとこがいたとしても、

お母さんが話した愚痴や不満、

自分のストレスや疲れなどは

自分の中だけにしまっておかなければならなくなります。



「人」はいるのに、

相談できる人がいないのですね。



ストレスも疲れもひとりですべてを背負わなければならないのは

とても大変なことですよ。

母親 かまってちゃん

まだほかにも様々な問題が絡んでいることがありますが、

思い当たることはないでしょうか・・?



このように、

「母親がかまってちゃんで疲れる」

と一言で言っても、

その中には本当にたくさんの問題やストレスがあり、

子どもにとって大きな負担となっていることがあります。



そして、

大人になっても続く、このようなお母さんと子どもの関係は、

小さい頃からの体験の積み重ねが大きく影響していることがほとんどです。

どのような幼少時代を過ごしましたか?

母親 かまってちゃん

・お母さんが体調が悪いことが多く、

 自分のことよりもお母さんを優先させなければならなかった。

・お母さんの心が不安定だったため、

 気を遣わなければならなかった。

・頑張って、お母さんを守らなければならなかった。

・自分の気持ちをわかってくれる人がいなかった。


このようなことはなかったでしょうか・・?


小さい頃から「そうしなければならない理由」があって、

ずっと頑張ってきたのですよね。

安全な話せる場所を作ること

安全な場所

そんなあなたにとって、まず大切なこと。

それは、安全に「あなたの気持ち」を話せる場所を作ること。

これが一番大事です。



「母親のことを重いなんて言ったら、

きっと『親不孝者』と言われる。

人間性を疑われてしまうかもしれない。

だから、友達にも親戚にも相談できずにいる・・」



先ほども書きましたが、

このような方は少なくありません。


そして、その状態ってすごく苦しいのです。

本当の気持ちを外に出せないまま我慢して、

何事もないように振る舞わなければならないからです。



ストレスや疲れはどんどん蓄積されてしまい、

悪循環を生み出してしまいます。



だからまずは、

これ以上ストレスや疲れを増やさないために、

あなたの気持ちを安全に出せる場所を作りましょう。



友達やカウンセラーに話してみるのでも良いでしょうし、

手帳に気持ちを書いてみるのも良いでしょう。

自分の気持ちを大切にできるようになるために

お母さんに振り回されてしまう

次に大事なのは、

「自分の気持ちを大切にできるようになる」

ということです。



「お母さんの話を聞くの疲れたな」

「会いたくないな」


そんな気持ちを持つ自分は、

なんだか親不孝者で、

申し訳なく感じるかもしれません。



だけど、

「お母さんの話を聞くの疲れたな」

「会いたくないな」

という気持ちもあなたの大切な感情です。



頑張っている自分の気持ちを否定してしまうと、

本当の気持ちを自分すら認めてあげられなかった・・

ということになってしまいます。



だから、自分の心の声を大切にすることが理想なのですが、

そうは言ってもなかなか難しいのですよね。



頭ではわかっていても、

申し訳ない気持ちで心がいっぱいになってしまったり・・


「自分の気持ちを大切にして、

お母さんのことは気にしないようにしよう!」

と思っても、

つい不安で気になってしまったり・・

母親 かまってちゃん

「自分の心の声を大切にしよう!」と思っても

なかなか難しいのは、

過去の経験によって作られてしまった考え方がそのままであったり、


心の中の自分が、

「本当にそれでいいの?」

「お母さんを大切にしなきゃじゃないの?」

「心配だよ!」

と叫んでいたりするからです。



これらがあるから、

つい、お母さん優先になってしまうのですよね。



だから、これらを解消していくことがとても重要になります。



お母さんも大切。

だけど、たったひとりの自分のことも大切に。


あなたにとって一番良い未来に向かって、

一緒に歩めたら嬉しいです。

お母さん かまってちゃん

相談室そらは、

心も体も大切にして

「自分らしい毎日」にしたい

そんなアダルトチルドレンさんやHSPさんのための相談室です。

お気持ちをやさしくお聴きしながら、

あなたを「おだやかな心」に導きます。

おだやかな心に導くメールマガジン・公式LINE

無料メールマガジン、公式LINE【そらだより】では、

おだやかなあなたらしい毎日へと変化させるために、

大切なことやその方法をお伝えしています。

ご登録いただいた方には感謝を込めて、

①ご相談や講座で使える500円OFFクーポン

②無料冊子「自分らしく おだやかに過ごすための66のリスト」

をプレゼントしています。

↓無料メールマガジンのご登録はこちらから
メールアドレスとお名前のみでご登録できます。

メールマガジンはこちらから

↓公式LINEはこちらから

友だち追加

ぜひお気軽にご登録ください(^-^)

□お問い合わせ・ご質問

□おだやかな生き方のために必要なこと

□プロフィール