「親が気持ちをわかってくれない。理解してくれない」

親にわかってもらえない気持ち

親がわかってくれない

「親に気持ちを伝えてみた。


だけど、

『それは良くない』

『だからダメなんだ』

と言われてしまった。



・・いつもそう。

価値がない、

そんな生き方ではダメ、

そんなやり方ではダメと言われてしまう。


気持ちをわかってもらえなくて

とても落ち込んでしまう・・

わかってもらえないで否定される

思えば今までも、いろいろなことを伝えてきた。


勇気を出して、

気持ちを理解してほしくて、

一生懸命に訴えたときもあった。



だけど、いつもわかってもらえない・・



あまりにも苦しくて、

「わかってもらえずに否定されて、すごくつらい」

ということを

親に話したこともあった。



しかし、

『あなたのためを思って言っているのに、

お母さんが悪いの!?』

と怒られてしまった・・

気持ちを理解してもらえない

親と対立したいわけじゃない。

ケンカをしたいわけでもない。


ただ、気持ちをわかってほしい。

理解してほしい。


それだけなのに、

どうしてわかってもらえないんだろう・・

どうして、否定されなきゃならないんだろう・・



どこにも気持ちを出す場所がなくて、

すごくつらい。


どうしたら、親は私の気持ちを理解してくれるんだろう・・」



このような状態になっていないでしょうか・・?

親がわかってくれない

「親に気持ちや考えをわかってもらいたいのに、

わかってもらえない」


悲しいし、

無力感を感じてしまいますよね・・



進路や仕事、住まい、恋愛、叶えたい夢など、

一番近い存在の親だからこそ、

わかってほしいこと、ありますよね。



肯定してもらえない悲しさや

自分の人生を自由にできないもどかしさ、

否定された傷つき・・


こんなとき、どうしたらいいのでしょうか・・?

いつから頑張り続けていますか?

親がわかってくれない

このようなお悩みを抱えていらっしゃる方からよくお聞きするのは


「私の言い方が良くなかったんだと思う。

もう少しうまく説明をしたらよかったのかもしれない」


「タイミングが良くなかった。

お母さんは仕事から帰ってきて疲れている時だった」


このようなお話です。


だから

「もっと上手に説明をして、

お母さんのタイミングに合わせて、

お母さんがイライラしていない時に伝えたらいいんじゃないかな・・」

と考えるんですよね。

理解してもらうために

決して、その考え方が良くないわけではありません。


だれかとコミュニケーションをする際には、

説明力や相手の状態も大切になります。



ただ、私はそのようなお話をお聞きすると、

「こうやって今までずっと努力して

頑張ってきたのかな・・」

と感じるのです。



お母さんの顔色をうかがって、

言葉を選んで、

わかってもらうために一生懸命に説明をして・・



あなたはいつから、

そのような頑張りをしていますか・・?

子どもは親に気持ちを理解してほしいもの

親に気持ちをわかってほしい

子どもはみんな、親に気持ちをわかってほしいものです。


気持ちをわかってもらえたら嬉しいし、

心強いし、

安心しますよね。


だから子どもは勇気を出して、

工夫して、

一生懸命に伝えるんですよね。



できることなら、

スッと自分の気持ちを理解してくれて

親と良い関係でいたい。


だけどそれが難しいから、

子どもがずっと努力をすることになるのです

理解してほしい気持ち

「自分がもっとうまく説明できたら・・」

「タイミングを考えられたら・・」


そう考えることで得られることもあると思います。


だけど、

たくさん努力をしているのに、

自分の生活もあるのに、


「自分がもっと~だったら・・」

と自分に鞭を打ち続けて親に合わせることをしていたら、

どこかでストレスや疲労があふれてしまうのではないでしょうか・・

今の状態を抜け出すために

理解してほしい気持ち

先にお伝えしたように、

「理解してもらうためにはどうしたらいいのか?」

「どう対応したらいいのか?」

と考えることも大切です。



だけど、もしそれを長い間繰り返してきても変わらなかったり、

あなたがつらくなっているのなら、

そろそろ新しい道に進む時期なのかもしれませんよ。



今の状態を抜け出すために、

大切な考え方をふたつお伝えしますね。

親を客観的に観てみること

親を客観的に観てみる

まずひとつめは、

親を「ひとりの大人の人間」として客観的に観て、

現実的な可能性を考えてみることです。



子どもにとって親は非常に大きな存在です。


小さな頃からいろいろなことを教えてくれて、

住まいや食事を用意してくれて・・


親は何でもできて、

偉大で、正しくて・・


いつの間にか、

子どもの心にはその子独自の「親のイメージ」が作られます。


そしてそのまま、

大人になってもそのままのイメージで成長される方も少なくありません。

親を客観的に見つめる

だけど、

あなたは成長しているから、

もしかしたら昔とは異なる視点で親を見ることができるかもしれません。



たとえば、

「わかってほしい」という気持ちが強いなら、


「そもそも、それをできる力が親にはあるのかな・・?」

と考えてみたり。


そうすることで、

「親にわかってもらいたいのに

わかってもらえなくてつらい・・」

というループから抜け出すきっかけを作れます。

親が理解してくれる

たくさんの知識を得て、

経験を積み重ねたあなた。


そんなあなたから客観的に見て、

あなたの親は今後、

あなたの気持ちや考えをわかってくれそうですか・・?



そう自分に問いかけてみて

「わかってくれる可能性はある」

と考えられるなら、


あなたの望むことを叶えるために、

今後もあなたのやりたいことを説明したり、

伝えたりするのも良いと思います。



だけど、もしも

「わかってくれる可能性はない」

と考えるなら・・



今後も同じことの繰り返しが起きて、

そのまま歳を重ねることになってしまうかもしれません。



大人の視点から親を観てみて、

現実的な可能性について考えてみましょう。

自分の気持ちや考えの棚卸しをすること

親への気持ち

ふたつめは、

一度しつかりと自分の気持ちや考えの棚卸をしてみることです。



このようなご相談をくださる方は

小さい頃から自分の気持ちに

蓋をしなければならなかった・・というケースがとても多いです。


つまり、

自分の気持ちを大切にできないまま

成長しなければならなかったんですよね・・



今まで大切にできないままだった自分の気持ちや考えを

一度きちんと見つめなおしてみませんか。

自分の気持ちの棚卸をする

この作業は

ひとりでやっているとしんどくなってしまったり、

わからなくて行き詰ってしまったりすることもあります。


必要な時はカウンセラーなど第三者を利用されるといいですよ。


棚卸しをすることで、

それまでは気付かなかったことに気付いたり、

自分の心を大切にして

自分らしい人生を生きる方向に進めるようになります。

「親の意に沿う生き方」と「子どもが心から望む生き方」

親がわかってくれない

「親の意に沿う生き方」というのは、

親の価値観や考え方が軸となります。


そのため、

「子どもが本来したい生き方」

とは合わない場合がほとんどです。



「親が子どもに期待している生き方」、

「親が正しいと考えている生き方」が


「子どもが歩みたいと感じる人生」ではないこともあるのです。

親の意に沿う生き方

もちろん、

親の意に沿う人生を歩むことで、

結果的にうまくいく人もいます。


だけど、

親の価値観や考え方を強制されることで

本来、子どもの心の内側から自然に湧き上がってくる「本当の気持ち」に

蓋がされてしまうこともあるのです。



また、親の気持ちに心から沿えないことを子どもが悔やんで、

「自分がダメな子どもだから・・」

と責任を感じてつらくなってしまう場合もあります。


自分の人生を自由に生きることが妨げられてしまい、

大きなストレスを抱えてしまうこともあるのです。

「親がわかってくれない」から抜け出す

「親が気持ちをわかってくれない」

「理解してくれない」

このような問題を抱えていらっしゃる方は、

ご本人が思っている以上に根っこが深い場合が多いです。


お伝えした考え方でうまくいかないなぁという場合や、

ご質問、悩んでいることなどありましたら、

メルマガやLINE、お問い合わせ・ご質問から

お気軽にお知らせくださいね。

*・゜・*・゜・*・゜・*・゜

アダルトチルドレンさんや生きづらさを感じているHSPさんの

「おだやかで自分らしい毎日」をお手伝い

カウンセリングのご案内はこちらから

おだやかな心に導くメールマガジン・公式LINE

無料メールマガジン、公式LINEでは、

おだやかなあなたらしい毎日へと変化させるために、

大切なことやその方法をお伝えしています。

ご登録いただいた方には感謝を込めて、

①ご相談や講座で使える500円OFFクーポン

②無料冊子「自分らしく おだやかに過ごすための66のリスト」

をプレゼントしています。

↓無料メールマガジンのご登録はこちらから
メールアドレスとお名前のみでご登録できます。

メールマガジンはこちらから

↓公式LINEはこちらから

友だち追加

ぜひお気軽にご登録ください(^-^)

□お問い合わせ・ご質問

□プロフィール