気持ちを伝えようとすると涙が出てくるのは

*・゜・*・゜・*・゜・*・゜・

 

なぜか泣いてしまう・・

気持ちを伝えようとすると泣いてしまう

「泣きたいわけじゃないのに涙が出てきて、

言いたいことが言えなかった・・」


「思っていることを言葉にしようとすると

なぜか泣いてしまい上手く伝えられない・・」


このようなことはありませんか?


ぽろぽろとあふれてくる涙をコントロールすることは、すごく難しいですよね・・


実は私自身、このようなことで悩んだことがあります。


理不尽なことや正しくないことを言われて

言い返そうとした時や、


イライラした気持ちが心の中にいっぱいになって、

その気持ちを口に出そうとした時など、

なぜか涙があふれて泣いてしまうのです。


そうすると、

うまく言葉にならなくて、

さらに、泣いていることについて指摘されて・・


「泣くな」

「泣くのは卑怯だ」

「弱いから泣くんだ」

そんな言葉を投げられて切なかったことは数え切れません。

涙が出てしまう

泣きたいわけじゃないのに勝手に涙が出てきて、

言いたいことは伝えられずに、

さらに泣く自分は良くないと言われてしまう。

すごく悲しくなりますよね・・


そんな経験のある私から、

気持ちを伝えようとすると涙が出て困ってしまう方にお伝えしたいことがあります。

泣いてしまう自分のことをどう思っていますか

泣いてしまう自分のこと

まずはじめに、

あなたはそんな泣いてしまう自分のことをどう思っているでしょうか?


「すぐ泣いてしまう自分は、

弱い人間だな・・」

「伝えることが上手くできない人だな・・」


そんなふうに思って、

「泣かない方法」や「強くなる方法」、

「上手に意見を伝える方法」を調べたり、

繰り返し試してみたりしていませんか・・?

それでうまくいっている方は、

そのままで大丈夫です。


ただ、もしも

「それでもうまくいかないな・・」

「変わらないな・・」

ということが続いていたら、

もしかしたら少し違った視点で自分を見てあげるといいかもしれません。


その人により個性や状況、持っている背景などが異なるので

一概に言うことは難しいのですが、

ふたつのことをお伝えしたいと思います。

1.感情表現豊かな人ではありませんか?

感情表現豊かな人

まずひとつめは、

もしかしたらあなたは、

怒ったり、悲しんだり、

喜んだり、笑ったり・・

そのような感情表現が豊かな人かもしれないということ。


感情表現が豊かな人は、

悲しい時は大きな悲しみの波に飲み込まれて

涙がこぼれてしまったり、

嬉しい時はとびきりの笑顔になったりします。


もしもあなたが感情表現が豊かであるなら、

それはあなたのすてきな個性かもしれません。

2.無意識的に気持ちを抑え込んでいませんか?

気持ちをためてしまう

ふたつめは

『いつのまにか気持ちを抑え込んでいて、

自分が思っている以上に

さまざまな感情を心の中にためてしまっている』

という場合です。


心の中にうつわがあるとします。

心の中だから、外から見ることはできません。


気持ちをためてしまう傾向がある人の場合、

いろいろな出来事が起こるたびに、

このうつわにさまざまな感情がたまっていきます。

感情をためてしまう

どんどん感情がたまってきたら、

うつわはパンパンになってしまいますよね。


それでもあふれないようにしようと、

私たちは上からふたをして抑えたりします。


「だけどもう限界・・!」

そんな時、どんなことが起こるでしょうか?


考えや気持ちを伝えようとして

うつわのふたを少し開いたら、

そこからいろいろな感情があふれてくるのではないでしょうか。


まるでダムが決壊したかのように、

パンパンになった感情が勢いよくあふれてくる・・


そんなことが心の中で起きているのかもしれません。

涙と心は、とてもよく結びついています。


映画に感動した時や

とても嬉しいことが起きたときに、

自然と涙が出たことはありませんか?


涙には種類があり、

目の表面をごみや刺激から守ってくれる涙のほかに

「情動性の涙」と呼ばれる涙があります。


この「情動性の涙」は

悲しみなどの感情により、

心が大きく動いたときに出てきます。

情動性の涙

もしも、先ほどの心の中のパンパンのうつわから

さまざまな感情が一気にあふれてきたら・・


感情が大きく動くことにより、

あふれるほどの涙が出てきてしまうかもしれませんよね。


そして、

もしも無意識的に気持ちをためてしまっていて、

自分が思っている以上に

うつわがパンパンな状態だったとしたら・・


「こんなはずではないのに・・」

と自分でも戸惑ってしまうほど感情が動き、

たくさん涙がこぼれてしまうかもしれません。

いつから「泣いてしまう自分」ですか?

子どもの頃から涙があふれてきていませんか

このようなことは、

子どもの頃から頑張り続けている方に多いように感じます。


子どもの頃からゆえに、

涙がこぼれてしまう自分に対して

「自分は小さい頃から弱い」

「昔から伝える力がない」

そんなふうに考えていらっしゃることも少なくありません。


だけどもしも、

自分が弱いのではなく、

伝える力が無いのでもなく、

思っている以上に気持ちを抑えていたとしたらどうでしょうか・・?


たくさんの涙があふれるほど、

耐えたり、抑えたりしてきたのかもしれませんよね。

相談室そらに来られて、

「自分は思っていた以上に気持ちをためていたんだな」

と気付かれる方はたくさんいらっしゃいます。


みなさん、頑張りやさんなんですよね。


ご相談前に

「泣いてしまったらごめんなさい」

といった言葉をくださる方もいらっしゃいますが、

泣くのは悪いことではありません。


あなたの心の中にいっぱいになっていたものが

涙と一緒に少しでも外に出て、

あなたの心が軽くなったら私としては嬉しい限りです。


「泣いてしまう自分は弱い」

「泣かないようにしなきゃ」

の前に、

「気持ちを抑えてしまう傾向はないかな?」と

自分を振り返ってみてくださいね。

本来の自分を取り戻す

*・゜・*・゜・*・゜・*・゜

~心を癒し、思考を整える~

コラム、お知らせのご案内はメルマガ、LINEでもお届けしています。

ぜひご登録ください。

メルマガ、LINEで学ぶ

【アダルトチルドレン+HSP】さんの「おだやかで自分らしい毎日」をお手伝い

【心を癒し、思考を整える個別講座】はこちらから↓

【心を癒し、思考を整える個別講座】

はじめてのご相談はこちらから↓

気持ちがまとまっていなくても、漠然としていても、小さな問題でも大丈夫。
丁寧にお話をお聴きしながら、あなたが前に進むお手伝いをさせていただきます。

はじめてのご相談

おだやかな心に導くメールマガジン・公式LINE

無料メールマガジン、公式LINEでは、《おだやかであなたらしい毎日》を過ごすために、
ぜひ知ってほしいことや考えてみてほしいことなど、『あなたの人生のヒント』となるようなお話を毎週月曜日の朝にひとつずつお伝えしています。

ご登録いただいた方には感謝を込めて、

①ご相談や講座で使える500円OFFクーポン
②無料冊子「自分らしく おだやかに過ごすための66のリスト」

をプレゼント中。

↓無料メールマガジンのご登録はこちらから
メールアドレスとお名前のみでご登録できます。

メールマガジンはこちらから

↓公式LINEはこちらから

友だち追加

ぜひお気軽にご登録ください(^-^)

□プロフィール