他人と比較して落ち込んでいませんか?

他人と比較していませんか?

他人と比較する

まわりの人と同じようにできなくて、

「どうして私だけできないの?」

「私の力不足なの?」

「私ってダメなのかな・・・」

と感じていませんか?

ほかの人は平気でできていることなのに、自分だけできない。

落ち込んだり、悔しくなったりして、

心がざわざわしますよね。

比較されて育つことで生まれる「考え方」

他人と比較

他人と比較して、落ち込んだり、がんばり過ぎたりしてしまうのは、育った環境に原因があることが多いです。

あなたは、兄弟やクラスの子と比較されることはありませんでしたか?

近所の子と比べられることはありませんでしたか?

「みんなできるのに、どうしてあなたはできないの!」

と言われませんでしたか?

このようにだれかと比較されながら育つと、

「自分は認めてもらえない」

「そのままの自分はダメ」

と考えてしまうようになります。

また、人よりできないことがあると、不安や恐怖を感じてしまうこともあります。

このような考え方や感じ方は習慣となり、大人になっても「その人の考え方」として思考回路の中にあり続けます。

「他人と比較すること」と「自己肯定感の低さ」

他人と比較

人は、「子どものときに身に付けたこと」を持ったまま大人になります。

あなたは、

「大人になって、親のもとを離れたのに、

今度は自分で、自分のことを他人と比較して落ち込む」

という状態になっていませんか?

「比較される」という環境から自由になったはずなのに、無意識的に自分と他人を比較して、自分の心を苦しくしていませんか?


これはいわゆる、「自己肯定感が低い」状態です。

他人と比較して、

「ありのままの自分ではダメだ」

「人と同じようにできない自分はダメだ」

と感じてしまうのです。

「他人と比較してしまう」から抜け出すために

他人と比較

このような状態から抜け出すための第一歩は、本当の自分の気持ちに気付くことです。

ほとんどの場合、本当の気持ちは心の奥底に眠っています。

その気持ちを大切にして、癒してあげることが一番大事です。

そして、こどものときから習慣となっている考え方を変化させることです。


相談室そらでは、他人と比較して落ち込んだり、がんばり過ぎたりしてしまう気持ちを教えてもらいながら、

「他人と比較しない楽な生き方」に一緒に変えていきます。

ありのままのあなたの心を大切にした「自分軸の生き方」です。

「他人と比較して落ち込んでしまう」

という方は、小さいころからがんばってきた方が多いものです。

そんな自分のことを大切にして、もうそろそろ「心がおだやかな自分らしい生き方」にしていきませんか?

他人と比較から抜け出す

相談室そらでは、アダルトチルドレンやHSP、生きづらさ、親子関係や子育て中の負の連鎖に関するご相談を行っております。

ひとりで抱えずに、お気軽にご相談くださいね。

□相談室そらのカウンセリング

□森川はるか プロフィール