親からの愚痴によりストレスを抱えていませんか?

親から愚痴を聞かされる

親からの愚痴

「親と仲が悪いわけではないけど、

会うたびに愚痴を聞かされてしまう。


私はいつも、愚痴の聞き役。

親の愚痴は長く、

私が意見をしたり聞かなかったりすると不機嫌になってしまう。


私はいつも親の話を聞いているけど、

親は私の話にはあまり興味がないみたい・・


親が大変なことは良くわかっている。

だから、

少しでも親の負担を減らしたくて話を聞いているけど、

本当は疲れてしまう・・


とはいえ、断るわけにはいかない。

どうしよう・・」


このようなストレスを抱えていませんか・・?


愚痴を聞き続けるのは疲れますよね。

また、自分の話はそっけなくされたら、

複雑な気持ちになってしまいますよね・・

長女さん、ひとりっこさんに多い「親の愚痴の聞き役」

親の愚痴の聞き役

このようなお悩みは、長女さん、ひとりっこさんからよく聞かれます。


長女さんやひとりっこさんでなかったとしても、

お話を聞いていると、

長女さんのようなポジションであったり、

ひとりっこさんのような環境の方が多いです。


親はいつのまにか

「子どもは自分のことをすべてわかってくれる」

「同じ女性だから、この子は味方になってくれる」

そんなふうに、無意識的に子どもに求めているのかもしれませんね。

親を支える

また、

あなたの家族は仲が良いですか・・?


両親が喧嘩をすることが多かったり、

お母さん、お父さんのどちらかが

他の家族から追い詰められてしまっているようなケースも少なくありません。


そうすると子どもは

「自分が親を支えなければならない」

と感じて、

親の愚痴を聞くことで頑張って支えようすることもあります。


あなたはどうでしょうか?


どのような場合でも、

子どもは親のために頑張っているのですよね。

親の愚痴により、自分自身が倒れないように

親との関係

ご相談をくださる方からは

「愚痴を聞かないと

『親不孝者』と言われる」

「親を不機嫌にさせてしまう」

といった不安の声が聞かれることも多いです。


親のためにいつも頑張っているのに

『親不孝者』と言われたら悲しくなりますよね・・


愛情深い人であればあるほど、

本当は親からの言葉に傷ついていたり、

それでも愚痴を聞き続けたりしています。


自分で思っている以上に

心身のストレスが積み重なっているものです。

心や体のバランスを崩してしまうことも少なくありません。

悩んでしまう

「親のために・・」という

親を思う気持ちは素晴らしいものです。


だけど、あなた自身が倒れてしまわないように。


倒れてしまったら、

できることもできなくなってしまいますからね。


現状を把握して、客観的に自分を見つめることも

時には大切です。


そのために今日はふたつ、

考えてほしいことをお伝えします。

1. 親に本音を言えていますか?

親に本音を言えていますか

まずひとつめは、

「あなたは親に、本音を言えているかな?」

ということ。


親は愚痴を通して

子どもに本音を言えている場合が多いと思いますが、

あなたはどうでしょうか?


あなたは、親に自分の気持ちや考えを言えていますか?


自分の気持ちや考えをわかってもらっていますか?



あなたと親、お互いに本音を言い合えていればよいのですが、

子どもだけが

「断りたいのに、断れない」

「そうだね、といつも親を肯定してあげなければならない」

「意見を言えない」

など、本当の気持ちや考えを言えない状態だとしたら、

それはちょっと歪んだ関係になっているのかもしれません。

2. 親の感情の「お世話役」になっていませんか?

感情のお世話役

ふたつめは、

「親の感情の『お世話役』になっていないかな?」

ということ。


もしも、

親の愚痴を聞かなければならない状態が昔からで、

親はあなたに愚痴を言うことで

気持ちを保てているようなら・・


親は

「なにか問題が起きたときには、

子どもに愚痴を言うことで

自分の感情を安定させる」

ということが習慣になってしまっているのかもしれません。

確かに、

愚痴を聞くことにより親が笑顔になるなら、

それは親孝行と言えるかもしれません。


子どもとしては嬉しいことですよね。


だけど、見方を変えると

『親の感情のお世話を続けている』

と言えないでしょうか?



もちろん、家族は助け合いの関係です。

時には家族の愚痴を聞いたり、

自分の愚痴を聞いてもらったりすることも良いでしょう。


あなたの場合は助け合いの関係になっていますか・・?

つらくなっていませんか・・?


親の感情のお世話を

ずっと続けていませんか・・?

「当たり前」の感覚を見直すこと

当たり前を見直す

もしも、

親は「子どもに愚痴を聞いてもらうのは当たり前」と感じていて、

子どもは「愚痴を聞くのは子どもとして当然」と考えていて、

それが昔から続いているようなら・・


さらに、

あなたがもう、つらくなっているなら・・


その「当たり前」を見直してみることが必要でしょう。


親にとっては当たり前でも、

あなたにとっては当たり前ではないこともありますよね。

あなたに合う答えは

優しさも親孝行も、

あなたができる範囲で行うことが大切です。


そのために、

あなた自身が考え、判断し、選んでいく。

そんな力が必要ですよ。


相談室そらでは、

「愚痴を聞き続ける生活に疲れた・・」

「どう対応していいのかわからない・・」

そんな方からのご相談をお受けしています。


(未成年さん、高校生さんの場合は

保護者さまの承諾が必要になります)


「自分の人生を大事にできるようになった」

「心が楽になった」

という声も頂いております。


まずは「はじめてのご相談」にて

お話を聞かせてくださいね。

*・゜・*・゜・*・゜・*・゜

アダルトチルドレンさんや生きづらさを感じているHSPさんの

「おだやかで自分らしい毎日」をお手伝い

カウンセリングのご案内はこちらから

おだやかな心に導くメールマガジン・公式LINE

無料メールマガジン、公式LINEでは、

おだやかなあなたらしい毎日へと変化させるために、

大切なことやその方法をお伝えしています。

ご登録いただいた方には感謝を込めて、

①ご相談や講座で使える500円OFFクーポン

②無料冊子「自分らしく おだやかに過ごすための66のリスト」

をプレゼントしています。

↓無料メールマガジンのご登録はこちらから
メールアドレスとお名前のみでご登録できます。

メールマガジンはこちらから

↓公式LINEはこちらから

友だち追加

ぜひお気軽にご登録ください(^-^)

□お問い合わせ・ご質問

□プロフィール